コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガンバン gambang

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガンバン
gambang

インドネシアの木琴竹琴バリ島では火葬儀式にこの楽器を使った音楽をもさす。スラウェシ島などでは独奏楽器としても使われるが,主としてガムランの種々の合奏形態のなかで,主旋律に対して細かい装飾を与える機能を果す。両手にもったフェルトつきの桴 (ばち) で,原則としてオクターブ平行の進行を行う。主旋律の1音に対して,ガンバンはこまかく拍を刻む。即興の許される範囲内で,その原則を故意に離れることもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ガンバン(〈インドネシア〉gambang)

インドネシアの旋律打楽器共鳴箱の上にチーク材・竹・青銅製の音板を木琴のように音階順に並べたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ガンバン

インドネシアのガムラン用の旋律打楽器。共鳴箱の上に14〜21の鍵(チーク材,竹または青銅製)を音高順に並べ,当て布をした円盤形の頭のバチ(2本)で打つ。木製のものをガンバン・カユgambang kaju,青銅製のものをガンバン・ガンサgambang gangsaと呼ぶが,後者は現在あまり用いられない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ガンバン【gambang】

インドネシアに広く分布する竹・木製打楽器の一種。非常に古い起源を持つことは,考古学的資料や文献から推察できる。ガンバンには,鍵盤がふぞろいに並べられ二またの桴(ばち)を両手に持って演奏されるタイプと,鍵盤が音の高い方を右手にして順番に並べられ,またに分かれていない桴で演奏されるタイプとがある。前者がより古く,葬式の際に死者の魂を天に導く音楽として用いられていたらしいが,現在ではバリ島の一部に残るのみである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ガンバン【gambang】

ガムラン音楽で用いる木琴。鍵けんを音階順に共鳴箱の上に並べたもので、打棒は二本。鍵は竹製のものもある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ガンバン
がんばん
gambang

インドネシアとフィリピンの木琴形体鳴楽器。舟形の共鳴箱の上におよそ16~25の木、竹、青銅の鍵(けん)を音階順に並べたもので、2本の桴(ばち)で奏される。木製のものはガンバン・カユgambang kayuとよばれ、ジャワ島のガムランのなかで旋律装飾楽器として使われる。青銅製のガンバン・ガンサg. gangsaは今日では廃れ、ほとんどみられない。バリ島には竹製のガンバンを含む合奏、ガムラン・ガンバンgamlan g.がある。これらはスレンドロまたはペロ音列に調律される。なお、同種の木琴はタイのラナートrant、ミャンマー(ビルマ)のパッタラーpattalなど、東南アジアに広く分布している。[川口明子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のガンバンの言及

【インドネシア】より

…金属製の旋律打楽器を中心とする大編成の器楽合奏ガムランが,この地域では最も特徴的である。この種のガムランは音の大きなゴング類や太鼓類を中心とする楽器群(戦闘や宗教儀礼用)と,グンデル,ガンバンなどやわらかい音色の鍵盤楽器群(祖霊供養儀礼用)とを結びつけて,17,18世紀の頃,ジャワとバリの王宮でそれぞれ完成されたものである。声楽に関してはジャワ語の定型詩を一定の朗吟旋律にのせて歌うことが盛んである。…

※「ガンバン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ガンバンの関連キーワードガムラン(合奏形態)東南アジア音楽那々實あぐりインドネシアラナート打棒

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android