コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガーネット ガーネット Garnet, Henry Highland

11件 の用語解説(ガーネットの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガーネット
ガーネット
Garnet, Henry Highland

[生]1815
[没]1882.2.13.
アメリカ長老派教会 (プレスビテリアン) 牧師。黒人奴隷として生れ,オネイダ共同社会の学校で教育を受ける。奴隷制反対の演説家として有名。 F.ダグラス出現以前の指導的な黒人奴隷制即時廃止論者として活躍した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ガーネット
ガーネット
Garnett, David

[生]1892.3.9. ブライトン
[没]1981.2.17. フランス,モンクック
イギリスの小説家。 E.ガーネットの息子。大学で植物学を学び,第1次世界大戦中は難民救済機関に勤務。幻想的な小説『狐になった奥様』 Lady into Fox (1922) で有名になり,ホーソンデン賞,ジェームズ・テート・ブラック記念賞を受けた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ガーネット
ガーネット
Garnett, Edward

[生]1868. ロンドン
[没]1937.2.21. ロンドン
イギリスの批評家。 R.ガーネットの次男。出版社の顧問としてコンラッドゴールズワージーD.H.ロレンスらを文壇に送り出した。コンラッドの書簡集の編者。妻コンスタンス (1861~1946) はロシア文学の翻訳者として知られる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ガーネット
ガーネット
Garnett, Richard

[生]1835.2.27. リッチフィールド
[没]1906.4.13. ロンドン
イギリスの作家,書誌学者。大英博物館図書部に勤め,同部長 (1890~99) 。詩集やカーライル伝,ミルトン伝などのほか,E.ゴスとの共著『図説イギリス文学史』 An Illustrated Record of English Literature (1903) の大著がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ガーネット
ガーネット

「柘榴石 (ざくろいし)」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ガーネット(garnet)

石榴石(ざくろいし)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ガーネット

英国の小説家。文学者を両親として生まれ,博物学を学んだが,のち文筆生活にはいる。代表作は奇抜な発想で有名な《狐になった婦人》(1922年)や《動物園の男》(1924年)など。

ガーネット

ザクロ(石榴)石

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ガーネット【garnet】

宝石の一種。その名はラテン語granatus(〈種(たね)をもつ〉の意)による。和名は〈ザクロ石〉で,粒状結晶の集合の形態を語源としている。ガーネットは古代エジプト遺跡から彫刻されたものが出土し,ギリシアローマ時代には護符としても用いられた。その赤色は血を連想させるため,負傷から身を守る護符として用いられた。赤色の丸カボションカットの小粒石はカーバンクルcarbuncleと呼ばれ,中世には十字軍兵士が戦場におもむく時,好んで身に着けたと伝えられる。

ガーネット【David Garnett】

1892‐1981
イギリスの小説家。批評家エドワードの子。祖父リチャードRichardは大英博物館図書部長で文学者,母コンスタンスConstanceもロシア文学の翻訳家という文学的名家に生まれ,自宅で教育を受け,植物学に熱中,ローヤルカレッジ・オブ・サイエンスに進む。第1次大戦中は良心的反戦論者としてクエーカー教徒とともに負傷者救助活動に従事,戦後書籍商などをしながら,狐になった妻と暮らす話《狐になった婦人》(1922)で文壇に登場。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ガーネット【garnet】

石榴石ざくろいし。宝石とするほか、研磨剤などに用いる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のガーネットの言及

【ザクロ石(柘榴石)】より

…重要な造岩鉱物の一つであり,立方晶系に属し,化学組成はRII3RIII2Si3O12(ここでRIIはCa,Mg,Fe2+,Mn,RIIIはAl,Fe3+,Crなど)で表されるザクロ石族に属する一群の鉱物の総称である。端成分はパイロープMg3Al2Si3O12,アルマンディンalmandine Fe3Al2Si3O12,スペサルティンspessartine Mn3Al2Si3O12,グロッシュラーgrossular Ca3Al2Si3O12,アンドラダイトandradite Ca3Fe2Si3O12,ウバロバイトuvarovite Ca3Cr2Si3O12,ノーリンジャイトknorringite Mg3Cr2Si3O12とSiの一部を4(OH)が置換したハイドログロッシュラーhydrogrossular Ca3Al2Si2O8(SiO4)1~m(OH)4mである。…

【サンゴ(珊瑚)】より

…赤白の小斑点のあるものは〈鹿の子(かのこ)〉と呼ばれる。またボケの一種に〈ガーネット〉,赤白の縞目ないし斑のあるものに〈スカッチ〉などの新しい称呼も用いられている。 産地としては地中海が古くから著名であったが,現在はほとんど枯渇した状態で,日本近海および南西太平洋海域が世界の供給地であり,日本船ならびに台湾船がおもに採取にあたっている。…

※「ガーネット」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ガーネットの関連キーワード外科俗ラテン語ゆるしの秘跡拉葡日対訳辞書羅甸カルナトコティキュラエダクトレテイキュライトアセナフテン

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ガーネットの関連情報