コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キイチゴ(木苺) キイチゴ Rubus; raspberry

2件 の用語解説(キイチゴ(木苺)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キイチゴ(木苺)
キイチゴ
Rubus; raspberry

バラ科のキイチゴ属の総称,日本には 80種以上も野生する。直立またはつる性の木本または草本。果実は液果状の集合果で,赤,黄,黒色などに熟し甘ずっぱみがある。また,単にキイチゴの名でカジイチゴ (梶苺) をさす場合もある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

キイチゴ【キイチゴ(木苺) brambles】

開花後,子房壁が多肉質にふくらみ,集合果をなし,いわゆるキイチゴ状果をつくるバラ科の一つの属。果実は通常,食用になる。キイチゴの和名は,草イチゴに対して,木になるイチゴの意味である。北半球の温帯に多いが,世界のすべての大陸に分布する。分類の困難な群で,種の範囲が研究者によって異なっており,その結果,200~3000種あるという。日本には35種が沖縄から北海道にかけて分布している。 植物体は変化に富み,草本に近いものから木に近いものまであるが,ほとんどのものは灌木である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のキイチゴ(木苺)の言及

【ベリー】より

…園芸学ではさらに広い意味でミカン類やナシ,リンゴを含めていう場合もあるが,一般には果物のうち欧米で小果類small fruitsと呼ばれる一群をさすことが多い。ブドウ,イチゴ,キイチゴ類,スグリ類,コケモモ類その他がこれに当たるが,日本では果樹としてこのうちブドウ,イチゴを除いたものを低木性果樹,または小果樹類といっている。ベリーと呼ばれる果実のなかには,キイチゴ類やイチゴのように植物学的には液果でないものも含まれる。…

※「キイチゴ(木苺)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

キイチゴ(木苺)の関連キーワード液果核果集合果複果落果孕み桑果複合果膨らみハマベンケイソウ

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone