コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キクスイカミキリ Phytoecia rufiventris

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キクスイカミキリ
Phytoecia rufiventris

鞘翅目カミキリムシ科の昆虫体長 8mm内外。体は黒色で,前胸背中央に大きな赤色紋がある。腹部赤褐色。上翅に灰色の短毛を密生する。触角は体長とほぼ等長である。キクの大害虫で,成虫はキクの輪状に噛み傷をつけて産卵するため,そこから先の部分はしおれてしまう。また幼虫は茎の中を根もとに向って食べ進む。4~8月に出現し,北海道,本州,四国,九州,朝鮮,中国,シベリア,台湾などに分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

キクスイカミキリ

カミキリムシ科の甲虫の一種。体長9mm内外,灰黒色,前胸の中央に赤紋がある。日本全土,朝鮮半島,中国,シベリアに分布。幼虫はキクの茎の髄を食べ,根部で越冬。成虫は年1回,5月ごろ発生し,キクの茎を食い切って産卵し,先端部を枯死させる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

キクスイカミキリ【Phytoecia rufiventris】

甲虫目カミキリムシ科に属し,キクの害虫として知られる(イラスト)。日本全土のほか,朝鮮半島,中国東北部,シベリア東部,台湾などに分布する。体は黒色で同色の毛で覆われる。胸部背面に赤色紋がある。体長6~9mm。成虫は4月ごろから出現し,ヨモギ,キク類の若い茎を15mm内外,縦長に食べる。産卵は5月下旬から6月下旬にかけて行う。キクの茎の先端から10cmくらい下方に環状のかみ傷を約1cm間隔で2本つけ,さらにその中間に点状の小さいかみ傷をつけて,この傷の中に1個の卵を産みつける。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キクスイカミキリ
きくすいかみきり / 菊吸天牛
[学]Phytoecia rufiventris

昆虫綱甲虫目カミキリムシ科に属する昆虫。日本各地に産し、朝鮮半島、東シベリア、中国、台湾にも分布する。体長6~9ミリメートル。黒色で光沢は鈍く、前胸背面中央が赤く、腹部は第2節以下赤褐色である。細形で後方へわずか狭まる。成虫は4~7月に現れ、雌はキクの茎を輪状にかみ、そこに産卵するため、キクの上部はしおれてしまう。キクの害虫として知られているが、ヨモギ、ヨメナも食害する。[中根猛彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

キクスイカミキリの関連キーワード天牛菊吸

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android