コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キクモ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キクモ
きくも / 菊藻
[学]Limnophila sessiliflora Bl.

ゴマノハグサ科の多年生水草。茎は水中に漂い、長さ20~60センチメートル、軟毛があり、先は水上に立ち上がる。葉は4~8枚輪生し、水中葉は糸状に細く裂け、水上葉は裂片の幅がより広い。夏、水上葉のわきに柄のない花をつける。花冠は唇形で紅紫色、長さ約9ミリメートル。宮城県以西の本州から沖縄の水田や浅い池に生え、中国、東南アジア、インドに広く分布。名は、葉の形がキクを思わせるのでいう。[山崎 敬]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

キクモの関連キーワード深海動物モモ山崎

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android