コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キゴマ キゴマ Kigoma

4件 の用語解説(キゴマの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

キゴマ(Kigoma)

タンザニア西部の都市。キゴマ州の州都。タンガニーカ湖東岸に位置し、ブルンジコンゴ民主共和国との国境に近い。19世紀半ばよりアラブ人奴隷貿易の拠点として発展。湖上交通の要地であり、20世紀初めにダルエスサラームと鉄道で結ばれた。漁業が盛んで、周辺では綿花、タバコを産する。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

キゴマ

タンザニア西部,タンガニーカ湖に臨む町。対岸のカレミエとの間に定期航路が開かれている。ダル・エス・サラームから鉄道が通ずる。19世紀末までアラブ奴隷商人根拠地
→関連項目タンガニーカ[湖]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

キゴマ【Kigoma】

東部アフリカタンザニア連合共和国内陸のタンガニーカ湖東岸にあり,同名州の州都。1960年代に南隣のウジジを併合した。人口2万1369(1967)。湖の重要な港で,漁業基地でもある。インド洋岸のダル・エス・サラームからの鉄道が通じている。1850年からアラブの奴隷商人の拠点であったが,90年代にドイツに占領され,第1次世界大戦イギリス委任統治下に入った。【西野 照太郎

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キゴマ
きごま
Kigoma

アフリカ南東部、タンザニアの西部にあるタンガニーカ湖に面する港町。人口12万0800(2002推計)。1914年にインド洋岸ダルエス・サラームから敷設された鉄道の終点である。またタンガニーカ湖の水上交通の中心で、ブルンジのブジュンブラや、コンゴ民主共和国(旧ザイール)のカレミーなどと結ばれている。綿花、タバコ、米、塩を産出する。[赤阪 賢]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キゴマの関連キーワードザンジバルスワヒリ語ダルエスサラームタンガニーカタンガニーカ湖タンザニア中央アフリカ共和国ルサカ埃及南アフリカ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

キゴマの関連情報