キサンチン(英語表記)xanthine

翻訳|xanthine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キサンチン
xanthine

塩基の一種で,化学構造上は2,6 (1H,3H) -プリジオン (分子式 C5H4N4O2 ) 。この塩基は,核酸成分には含まれず,遊離ヌクレオチドとしても一般に微量しか存在しないが,プリン塩基尿酸へと変化する中間物質で,尿,血液,肝臓に含まれ,植物にも少量存在する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

キサンチン【xanthine】

3,7‐ジヒドロ‐1H‐プリン‐2,6‐ジオンともいう。上には7位窒素に水素が結合した7H型を示したが,互変異性体として9H型がある。板状の結晶で融解することなく350℃以上で分解する。冷水やエチルアルコールにはほとんど溶けないが,アンモニア水や水酸化ナトリウム水溶液にはよく溶ける。植物の種子・葉・果実,動物の血液・肝臓・尿等に含まれている。キサンチンはプリン塩基の一つであり,生体内ではアデニンヒポキサンチングアニンなどから脱アミノ,酸化等の反応によって生成し,さらにキサンチンオキシダーゼによって尿酸に酸化される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キサンチン
きさんちん
xanthine

生体内に存在する化学物質で、プリン塩基の一種。26-ジヒドロキシプリンともよばれる。動物の尿・血液・肝臓、植物の種子などにみいだされる。単離したものは無色の粉末または微細な針状結晶を呈する。分子量152.1。グアニンが脱アミノされたものに等しい。生体内ではプリンヌクレオチドの代謝中間体で、これらは、キサンチンを経て、キサンチンオキシダーゼという酵素で尿酸にまで代謝される。キサンチンのヌクレオシドはキサントシン、ヌクレオチドはキサンチル酸とよばれ、キサンチル酸はグアニル酸を脱アミノするか、核酸を脱アミノしてからアルカリ分解することにより得られる。[笠井献一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android