コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キサンチン キサンチン xanthine

翻訳|xanthine

6件 の用語解説(キサンチンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キサンチン
キサンチン
xanthine

塩基の一種で,化学構造上は2,6 (1H,3H) -プリジオン (分子式 C5H4N4O2 ) 。この塩基は,核酸成分には含まれず,遊離ヌクレオチドとしても一般に微量しか存在しないが,プリン塩基が尿酸へと変化する中間物質で,尿,血液,肝臓に含まれ,植物にも少量存在する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

キサンチン(〈ドイツ〉Xanthin)

尿酸前駆物質の酸化生成物。多くの臓器と尿中に発生し、尿結石を形成することがある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

キサンチン

プリン塩基の一種。昇華性の結晶。350℃以上で分解。水,エタノールに難溶,アルカリ性水溶液に可溶。カフェインテオブロミン等はこの誘導体植物の種子・果実,動物の尿・血液等に含まれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

キサンチン

 C5H4N4O2 (mw152.11).

 プリン塩基の代謝中間体

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

キサンチン【xanthine】

3,7‐ジヒドロ‐1H‐プリン‐2,6‐ジオンともいう。上には7位窒素に水素が結合した7H型を示したが,互変異性体として9H型がある。板状の結晶で融解することなく350℃以上で分解する。冷水やエチルアルコールにはほとんど溶けないが,アンモニア水水酸化ナトリウム水溶液にはよく溶ける。植物の種子・葉・果実,動物の血液・肝臓・尿等に含まれている。キサンチンはプリン塩基の一つであり,生体内ではアデニンヒポキサンチングアニンなどから脱アミノ,酸化等の反応によって生成し,さらにキサンチンオキシダーゼによって尿酸に酸化される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キサンチン
きさんちん
xanthine

生体内に存在する化学物質で、プリン塩基の一種。26-ジヒドロキシプリンともよばれる。動物の尿・血液・肝臓、植物の種子などにみいだされる。単離したものは無色の粉末または微細な針状結晶を呈する。分子量152.1。グアニンが脱アミノされたものに等しい。生体内ではプリンヌクレオチドの代謝中間体で、これらは、キサンチンを経て、キサンチンオキシダーゼという酵素で尿酸にまで代謝される。キサンチンのヌクレオシドはキサントシン、ヌクレオチドはキサンチル酸とよばれ、キサンチル酸はグアニル酸を脱アミノするか、核酸を脱アミノしてからアルカリ分解することにより得られる。[笠井献一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キサンチンの関連キーワードヒドロキシプロリンジヒドロキシアセトン3,6-アンヒドロ糖ジヒドロカルコンジヒドロキシアセトンリン酸ジヒドロキシビタミンD3ジヒドロプテリジン還元酵素チロシンヒドロキシラーゼテトラヒドロビオプテリン1,2-ジヒドロキシベンゼン

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

キサンチンの関連情報