コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キシュウミカン

2件 の用語解説(キシュウミカンの意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

キシュウミカン

 [Citrus kinokuni].ムクロジミカン科ミカン属の植物で,果実を食用にする.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キシュウミカン
きしゅうみかん / 紀州蜜柑
[学]Citrus kinokuni hort. ex Tanaka

ミカン科の果樹。別名コミカン、キノクニミカン、サクラジマミカン。中国原産で、日本へは鎌倉時代、1280年ころに渡来したといわれる。熊本地方で古くから栽培され、諸地方に伝えられた。紀州(和歌山県)には1574年(天正2)伊藤仙右衛門によって伝えられ、有田郡を中心に広まった。1671年(寛文11)江戸に初出荷され、キシュウミカンの名が普及した。紀伊国屋文左衛門(きのくにやぶんざえもん)時代の蜜柑船は本種を運んだもので、ウンシュウミカンが普及する明治中期までは代表的品種であった。生育は遅いが、長寿のために大木となる。葉は細く小さい。12月に熟し、20~30グラム、果皮は橙黄(とうこう)色。果汁は甘く、香気があり、肉質はよいが種子は多く、1果平均10粒ある。種子のないムカクキシュウ(無核紀州)、果実が大きく扁平(へんぺい)なヒラキシュウ(平紀州)などは変種である。なお今日、一般に紀州ミカンとして売られるのは紀州産ウンシュウミカンの銘柄的呼び名で、本種とは異なる。[飯塚宗夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キシュウミカンの関連キーワード滲む孕む打ち込む忌む生む食込むぐ・む止む申込むキンコウジ

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone