キマダラセセリ

百科事典マイペディアの解説

キマダラセセリ

鱗翅(りんし)目セセリチョウ科の1種。開張は春型30mm内外。夏型は少し小さい。黒地にだいだい色の斑紋がある。暖地に多く,日本全土,朝鮮,中国,台湾に分布。幼虫はササ,タケなどの葉を食べ,成虫は年2〜3回発生する。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

キマダラセセリ【Potanthus flavum】

鱗翅目セセリチョウ科の昆虫。やや小型のセセリチョウで,開張2.3~3.2cm,翅は濃黄色と黒色のまだら模様がある。ミャンマー,中国,アムール地方から日本にかけての東アジアに広く分布し,日本では北海道から本州,四国,九州を経て吐噶喇(とから)列島にかけて見られる。林内の空地や森林周辺の明るい草地に発生する。暖地では年2回,寒地では年1回発生し,6~7月ころ羽化する春型は,8~9月に羽化する夏型よりも大型である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キマダラセセリ
きまだらせせり / 黄斑
[学]Potanthus flavum

昆虫綱鱗翅(りんし)目セセリチョウ科に属するチョウ。北海道から九州にかけて分布するが、寒冷地では一般にその数が少ない。吐(とから)列島中之島が日本における既知分布の南限。外国では朝鮮半島、ロシア連邦の沿海州、中国に分布する。はねの開張30ミリメートル内外。はねの形は雌雄によって異なり、雌は前ばねが丸いが、色彩や斑紋(はんもん)は雌雄ほぼ同様で、黒と黄のまだら模様をもつ。寒冷地では年1回の発生(7、8月)、暖地では年2回の発生(春型6、7月、夏型8、9月)、この場合には夏型は春型に比べて目だって小さい。幼虫の食草はエノコログサ、ススキ、メヒシバ、オヒシバ、チヂミザサ、ジュズダマなどのイネ科の雑草であるが、ときに各種のササ類にもつき、幼虫はこれらの植物の葉を巻いて巣をつくり、その中に潜んでいる。越冬態は幼虫である。[白水 隆]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android