キャタピラー(英語表記)Caterpillar Inc.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キャタピラー
Caterpillar Inc.

アメリカ合衆国の建設機械メーカー。1925年農業用トラクタメーカー,ホルト・マニュファクチュアリングと C.L.ベスト・トラクタが合併し,キャタピラ・トラクタとして設立。1986年現社名となる。当初は農業機械メーカーとして出発したが,1920年代後半の農業恐慌以降,農業機械に見切りをつけ,建設機械メーカーに転換,以後成長を続けた。第2次世界大戦中は軍事基地建設で活躍。戦後は海外進出を積極的に展開し,ヨーロッパ,カナダ,ブラジル,オーストラリアなどに子会社,工場をもち,日本には合弁会社キャタピラージャパンがある。事業内容は油圧ショベルブルドーザローダダンプトラックなどの土木・建設機械と関連部品,ディーゼル・エンジンなどの生産および販売。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

キャタピラー(Caterpillar)

芋虫の意。「カタピラー」とも》鋼板帯状につなぎ合わせ、輪にして前後の駆動輪にかけ渡し、回転させて走行する装置。車輪より接地面積が大きく、悪路でも走行できるので、ブルドーザー・トラクター・戦車などに用いられる。無限軌道履帯クローラー。商標名。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

キャタピラー【caterpillar】

〔芋虫の意〕
鋼板を帯状につなぎ、前後の車輪を取り巻くように取り付けた装置。地面との接触面が大きく、悪路・急坂でも走行できる。戦車・ブルドーザーなどに用いる。無限軌道。カタピラー。商標名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

キャタピラーの関連情報