コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キャタピラ

百科事典マイペディアの解説

キャタピラ

無限軌道とも。鋼板を鎖のように無端環状に接続した履帯を,車輪の周囲に取り付けた走行装置。1904年に米国でトラクターに使用されたのが実用の最初とされる。車輪で履帯を動かして走るが,地面との接触面積が大きく,単位面積当りの荷重が小さくなり,粘着力は大きい。
→関連項目キャタピラー[会社]雪上車ブルドーザー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

キャタピラ【caterpillar】

車両用走行装置の一種で,無限軌道または履帯ともいう。1801年イギリスのトマス・ジャーマンによって発明されたが,実用化されたのは1904年アメリカのホルト社が農耕用トラクターの走行装置として使用したのが最初といわれている。一般の車輪と比べて,軟弱な湿地,積雪地などの通過性にすぐれている反面,構造が複雑で重量も重くなりがちであり,一般に硬い路面では車輪に比べ2~3倍の回転抵抗を示すといった不利な特性がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

キャタピラの関連キーワードキャタピラー(アメリカの土木機械メーカー)キャタピラー(無限軌道)新キャタピラー三菱[株]CAT Ladiesキャタピラー[会社]キャタピラージャパンクローラークレーンカミンズ・エンジン仮面ライダーバースレスキューロボット小松製作所[株]ハーフ・トラックキャタピラ搾汁機パワーショベルスノーモービル原動機付自転車グラススキーダイケンゴー牧田 与一郎オフローダー

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

キャタピラの関連情報