コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キュウセン Halichoeres poecilopterus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キュウセン
Halichoeres poecilopterus

スズキ目ベラ科海水魚。日本に最も普通のベラで,特に瀬戸内海に多い。食用にして美味。全長 25cm内外。体は細長く,側扁する。雌雄で体色を異にし,雄は青みが強く,胸鰭の先端部付近の体側に濃い青黒色の斑点があるが,雌は赤みを帯び,胸鰭の斑点を欠く。雌から雄へ性転換するものが多い。北海道南部から南日本南シナ海に分布する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

キュウセン

ベラ科の魚。地方名ギザミ,雌雄区別して雄をアオベラ,雌をアカベラ,また種々の近似種と混称して単にベラと呼ぶ。全長25cmに達する。北海道南部〜南シナ海に分布。雄は青みが強く,雌は赤みが多い。
→関連項目ベラ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

キュウセン【Halichoeres poecilopterus】

全長25cmに達するスズキ目ベラ科の海産魚(イラスト)。関西で筋のある魚の意のギザミの名で呼ばれる。キュウセンは本種の雌の体側に眼を横切って尾びれに達する黒帯と,その上下にある赤い点条を含めて約9本の線条が見られることからつけられた神奈川県三崎での呼称。ベラ科の魚は雌雄で体色,斑紋が違うことが多いが,本種はその代表的なもので,俗に雌のアカベラに対し,雄はアオベラと呼ばれるように体色は青みが強い。キュウセン属は本種とホンベラ以外はすべて熱帯性でインド洋から太平洋に広く分布し,浅い岩礁やサンゴ礁周辺にすみ,夜は砂中に潜って眠る習性のあることで知られている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キュウセン
きゅうせん / 求仙
multicolorfin wrasse
[学]Halichoeres poecilopterus

硬骨魚綱スズキ目ベラ科に属する海水魚。北海道南部以南の日本各地から南シナ海に分布し、日本ではもっとも普通にみられるベラの一種である。体は細長くて側扁(そくへん)する。幼魚および雌は体に2条の黒色縦帯と7条の赤褐色斑(はん)の列があり、全体として赤っぽくみえるのに対し、雄の体は青みを帯び、鱗列(りんれつ)に沿ったオレンジ色の斑点がある。また、胸びれの上に大形の黒斑とそれに続く暗色縦帯が目だつ。このような体色の相違から、雄をアオベラ、雌をアカベラとよぶ地方が多い。全長26センチメートル(通常15~20センチメートル)。岩礁域より砂底への移行帯にすみ、危険を感じたときや夜間の休息時は砂の中に潜る。また、低温期は砂中で冬眠する。主食は小形の底生動物。ベラ類ではもっとも美味で、照り焼き、南蛮漬けなどにし、瀬戸内海沿岸ではギザミとよんで賞味される。大阪や神戸方面では雄(アオベラ)をとくに珍重する。[荒賀忠一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

キュウセンの関連キーワードキュウセンヒゼンダニ三方海域公園地区青倍良・青遍羅赤倍良・赤遍羅ベラ(海水魚)ササノハベラ野上 豊一郎遍羅・倍良吸吮皮癬蜱青遍羅赤倍良青倍良赤遍羅刻魚遍羅

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

キュウセンの関連情報