キリシタン屋敷(読み)キリシタンやしき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キリシタン屋敷
キリシタンやしき

山屋敷ともいう。江戸時代,江戸小石川小日向 (文京区茗荷谷) におかれたキリシタン信徒禁錮の場所。正保3 (1646) 年,大目付宗門改役井上政重の下屋敷を改造し,キアラ (岡本三右衛門) ら転びバテレンを収容した。宝永5 (1708) 年密航してきたイタリア人宣教師 G.シドッチ新井白石の尋問を受け,その記録が『西洋紀聞』となったことは有名である。寛政4 (92) 年廃止。その遺跡がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

キリシタン屋敷【キリシタンやしき】

江戸幕府の大目付宗門改井上政重の下屋敷。江戸小石川の小日向(こひなた)にあり,別称山屋敷。ここでキリシタンの尋問,処刑が行われた。岡本三右衛門ら〈転(ころ)びキリシタン〉もここで働き,新井白石の取調べ後シドッチが幽閉された。1724年火災,1792年廃止。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

キリシタンやしき【キリシタン屋敷】

江戸幕府が、キリシタンの信徒を収容した獄舎。1646年、大目付の井上政重まさしげの下屋敷に設けられ、のち廃止。現在の東京都文京区茗荷谷にあった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

キリシタン‐やしき【キリシタン屋敷】

〘名〙 江戸前期、キリシタンを収容した獄舎。正保二~三年(一六四五‐四六)ごろ、江戸小石川小日向(東京都文京区小日向)の大目付井上政重の下屋敷内に設けられた。寛政四年(一七九二)廃止。山屋敷。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android