コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キロワット時 キロワットじkilowatt hour

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キロワット時
キロワットじ
kilowatt hour

仕事,エネルギー熱量電力量実用単位記号は kWh。 1kWhは 1kWの電力で1時間になされる仕事を表わす。したがって 1kWh=3.6×106J 。おもに電力 (電力量) の取り引きについて使われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

キロワット‐じ【キロワット時】

仕事熱量電力量の単位。1キロワット工率で1時間になされる量。日本では電力料金の算定に用いる。記号kWh

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

キロワット時【キロワットじ】

工学で用いる仕事,熱量の単位。記号kWh。1kWの工率(仕事率)で1時間になされる仕事の量またはそれに相当する熱量。3.6×106Jに等しい。電力料算定の基準。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

キロワットじ【キロワット時】

仕事あるいはエネルギーの単位で,記号はkWh。1kWh=3600kJ(キロジュール)である。電力量を表すのに使われ,1kWの電力で1時間に使われる電気エネルギーをいう。例えば,600Wの電熱器と500Wの電気掃除機の両方を,1時間連続して使用したときの電力量は(0.6kW+0.5kW)×1h=1.1kWhである。Wは国際単位系(SI)の単位であるが,kWhはSI単位ではない。SIにするには,時間の単位に〈時〉でなく,SI単位である〈秒〉を使わなければならない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

キロワットじ【キロワット時】

仕事量・電力量の単位。1キロワットの仕事率、あるいは電力で、一時間に給するエネルギー。記号 kWh  

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

単位名がわかる辞典の解説

キロワットじ【キロワット時】

仕事量・電力量・熱量の単位。記号は「kWh」。1キロワットの電力で1時間にする仕事の量またはそれに相当する熱量。1kWhは1000ワット時に等しい。◇「キロワットアワー」ともいう。

出典 講談社単位名がわかる辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キロワット時
きろわっとじ

キロワットアワーkilowatt hourともいう。仕事、熱量および電力量などのエネルギーの単位であるが、もっぱら電力量、ことに電力料金の算定に用いられている。すなわち、1ワットの割合で1時間に変換もしくは消費されるエネルギー(電力量など)を1ワット時とし、これの1000倍をいう。kWhで表す。国際単位系においては、電力量の単位はジュールまたはワット秒(1キロワット時は3600キロジュール、または3600キロワット秒)であるが、キロワット時が広く使われているため、併用してよい単位とされている。[小泉袈裟勝]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

キロワット時の関連キーワード再生可能エネルギー固定価格買い取り制度(FIT)再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度再生可能エネルギー固定価格買い取り制度再生可能エネルギーの固定価格買取制度自然エネルギーの固定価格買い取り制度再生エネルギーの全量買い取り制度二酸化炭素(CO2)排出原単位家庭用太陽光発電の買い取り制度家庭向け太陽光発電の支援制度住宅の太陽光発電買い取り制度県のグリーン電力購入の仕組み豪州の再生可能エネルギー政策電力の固定価格買い取り制度太陽光発電の買い取り制度鹿追町環境保全センター太陽光電力の買い取りCO2排出量の測り方海洋エネルギー発電ラトローブ・バリー玄海原子力発電所

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

キロワット時の関連情報