キロワット時(読み)キロワットじ(英語表記)kilowatt hour

  • kilowatt-hour

世界大百科事典 第2版の解説

仕事あるいはエネルギーの単位で,記号はkWh。1kWh=3600kJ(キロジュール)である。電力量を表すのに使われ,1kWの電力で1時間に使われる電気エネルギーをいう。例えば,600Wの電熱器と500Wの電気掃除機の両方を,1時間連続して使用したときの電力量は(0.6kW+0.5kW)×1h=1.1kWhである。Wは国際単位系(SI)の単位であるが,kWhはSI単位ではない。SIにするには,時間の単位に〈時〉でなく,SI単位である〈〉を使わなければならない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

仕事量・電力量の単位。1キロワットの仕事率、あるいは電力で、一時間に給するエネルギー。記号 kWh  

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

単位名がわかる辞典の解説

仕事量・電力量・熱量の単位。記号は「kWh」。1キロワットの電力で1時間にする仕事の量またはそれに相当する熱量。1kWhは1000ワット時に等しい。◇「キロワットアワー」ともいう。

出典 講談社単位名がわかる辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キロワットアワーkilowatt hourともいう。仕事、熱量および電力量などのエネルギーの単位であるが、もっぱら電力量、ことに電力料金の算定に用いられている。すなわち、1ワットの割合で1時間に変換もしくは消費されるエネルギー(電力量など)を1ワット時とし、これの1000倍をいう。kWhで表す。国際単位系においては、電力量の単位はジュールまたはワット秒(1キロワット時は3600キロジュール、または3600キロワット秒)であるが、キロワット時が広く使われているため、併用してよい単位とされている。[小泉袈裟勝]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 電力量の単位。千ワット時をいう。キロワットアワー。記号 kWh 〔音引正解近代新用語辞典(1928)〕
※旅‐昭和二一年(1946)復刊号・触手はのびる上越線の電化〈関四郎〉「今この列車を電気機関車で牽いたとすれば、約六〇〇キロワット時(ジ)の電力が要ります」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

化学辞典 第2版の解説

工学上に用いられるエネルギーの単位の一種.記号 kW h.1 kW の仕事率で1 h になされる仕事量.国際単位系(SI単位)にはない単位であるが,

1 kW h = 3.6×106 J
と定義される.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

妨害運転罪

2020年に施行された改正道路交通法で新設された罰則。他の車の通行を妨げる目的で、車間距離の不保持、急ブレーキ、幅寄せや蛇行運転、対向車線からの接近や逆走をするなどの10の違反行為を妨害運転と定義して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

キロワット時の関連情報