コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギブズ ギブズGibbs, James

6件 の用語解説(ギブズの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ギブズ
Gibbs, James

[生]1682.12.23. アバディーン近郊
[没]1754.8.5. ロンドン
イギリス,スコットランドの建築家。ローマでカルロ・フォンタナに学び,1709年ロンドンで開業。最初の聖堂建築セント・メリー・ル・ストランド聖堂(1714~17)でバロック的な彫塑性を示した。またトラファルガー広場のセント・マーティン・イン・ザ・フィールズ聖堂(1720設計)はパラディオ様式で,特にアメリカ合衆国で英国教会派聖堂のモデルとみなされ,無数の模倣作品を生んだ。ケンブリッジ大学キングズ・カレッジのセネト・ハウス(1722~30),オックスフォード大学のラドクリフ図書館(1737~49)も傑作の名が高い。著書『建築書』A Book of Architecture(1728)。

ギブズ
Gibbs, Josiah Willard

[生]1839.2.11. コネティカットニューヘーブン
[没]1903.4.28. コネティカット,ニューヘーブン
アメリカの物理学者,理論化学者。エール大学卒業後実験的研究にたずさわり,1863年アメリカで最初の工学博士となった。 66年フランスとドイツに留学し,G.キルヒホフ,H.ヘルムホルツらのもとで学び,帰国後エール大学の数理物理学教授となって (1871) ,終生この大学で理論的研究に専念した。 76~78年,多成分多相系の平衡についての論文を発表,化学ポテンシャル自由エネルギーの概念を展開したが,相律を導き出したきわめて数学的な内容であったのと発表された雑誌がアメリカの地方学会誌であったために,92年 F.W.オストワルトドイツ語訳を公刊するまで埋もれていた。ほかに熱力学の化学への応用,浸透圧,表面張力,電気化学に関する研究などは近代物理化学の基礎をなすものといわれる。 1902年には論文『統計力学の基礎原理』 Elementary Principles in Statistical Mechanicsを発表,のちの量子統計力学への道を開いた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ギブズ

米国の物理学者,化学者。イェール大学を出てヨーロッパに留学,1871年イェール大学教授。1876年―1878年《不均一物質系の平衡について》を発表,熱力学を化学に応用し自由エネルギー化学ポテンシャル等の概念を導入,相律を発見,化学熱力学を基礎づけ物理化学の発展に寄与した。
→関連項目統計力学

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)の解説

ギブズ

イギリスの作曲家。作品には歌曲や合唱曲が多い。その詩の中には、2人の友人サー・モードント・カリーとデ・ラ・メアからとったものもある。
ケンブリッジ大学トリニティー・カレッジにて歴史と音楽を学んだ。 ...続き

出典|(社)全日本ピアノ指導者協会
ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ギブズ【Josiah Willard Gibbs】

1839‐1903
アメリカの理論物理学者。イェール大学を卒業後,工学の研究で学位を得る。1866年から3年間,パリ,ベルリンハイデルベルクの各大学に留学し,G.R.キルヒホフ,H.L.F.vonヘルムホルツらに学んだ。71年,イェール大学でアメリカ最初の数理物理学教授に就任,終世その職にあった。熱力学の理論的研究に始まる彼の研究は,統計力学,電磁気学ベクトル解析,代数学に及ぶが,なかでも化学熱力学の基本体系を確立し,相律,自由エネルギー,化学ポテンシャルなど,現在使われている法則,概念を創造した論文《不均一物質の平衡について》(1876‐78)および統計力学のアンサンブル理論の基礎を築き上げた《統計力学の基本原理》(1902)は画期的な業績である。

ギブズ【James Gibbs】

1682‐1754
イギリス古典主義建築家。スコットランドのアバディーン近郊に生まれ,1703年ころイタリアへ遊学,C.フォンタナの弟子となり建築を修め,09年帰国。当時のイギリスはパラディオ主義全盛であったが,イタリアのマニエリスムとバロックやC.レンなどの影響が認められる独自の作風で,セント・マーティンズ・イン・ザ・フィールズ教会(ロンドン,1726)や,オックスフォードのラドクリフ図書館(1749)などの代表作を残す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のギブズの言及

【オックスフォード大学】より

…マートン学寮では垂直様式(後期ゴシック)の礼拝堂(1294)や,ホールトによる古典様式の図書館(1624),玄関棟(1610)を見る。J.ギブズによるラドクリフ図書館(1739)は,十六角形平面に円堂を重ねた古典様式の建物。クイーンズ学寮の玄関門(1738)は,N.ホークスムアの作で,吹放しドームを戴き,後期ルネサンスの傑作とされる。…

【ケンブリッジ大学】より

…ペンブローク学寮の礼拝堂(1663)はC.レンの最初の建築作品である。学寮共用の施設としては,1722年J.ギブズ設計になる古典主義様式の大学評議員会館のほか,ベースビーGeorge BaseviとC.R.コッカレルによるコリント式列柱正面をもつ古典主義様式のフィッツウィリアム博物館(1837‐47)などが優れる。【藤本 康雄】。…

※「ギブズ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ギブズの関連キーワードクライアー増田与兵衛鉄眼浮世草子楠流智積院水口藩九州吹奏楽連盟池田光政浮世草子

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ギブズの関連情報