コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギョウギシバ Bermuda grass

翻訳|Bermuda grass

世界大百科事典 第2版の解説

ギョウギシバ【Bermuda grass】

バミューダグラスの名でも知られるイネ科草本(イラスト)。主として海辺近くの日当りのよい道端や荒地に生える多年草で,細長く硬い茎は枝分れしながら地面を横にはい,一部は地中に入って地下茎状にもなり,先端にをつけ,節からは花序をつける枝を立てる。花序をつける枝は高さ10~20cmで,少数の葉をつける。葉は細く短い線形で,先はとがり,淡緑色で,長さは6cm前後,幅は3mmくらいである。夏から初秋に開花する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ギョウギシバ
ぎょうぎしば / 行儀芝
[学]Cynodon dactylon (L.) Pers.

イネ科の多年草。走出枝が長く地上をはい、節から根を下ろして広がる。6~8月、節から花茎を立て、高さ15~40センチメートル、先に3~7本の掌状に分かれた花穂をつける。小穂は扁平(へんぺい)で1個の小花があり、まれに2個の小花をもつこともあり、花穂の片側に2列に並ぶ。日本全土の荒れ地、道端、海岸などに群生し、世界の暖帯から熱帯に広く分布する。熱帯では土手や道路の傾斜面の固定、芝生などによく利用される。[許 建 昌]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ギョウギシバの関連キーワードバミューダグラス

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android