コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギョウチュウ(蟯虫) ぎょうちゅう

2件 の用語解説(ギョウチュウ(蟯虫)の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ギョウチュウ(蟯虫)【ぎょうちゅう】

線虫類ギョウチュウ科に属する人体寄生虫で腸管に寄生する。体長1cm内外,雌は夜間睡眠時に肛門からはい出し周辺に卵を産みつける。この時かゆみが特に幼児に激しい。テープを肛門部にはりつけて検卵する。
→関連項目駆虫薬センチュウ(線虫)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ギョウチュウ【ギョウチュウ(蟯虫) pinworm】

双腺綱蟯虫科に属する線形動物。臘様白色,糸くず状の小線虫で,雄は体長3~5mm,体幅0.1~0.2mm,雌は体長7~13mm,体幅0.3~0.5mm程度である。頭部左右に側翼があり,口唇は3個,食道の後端は球状にふくれている。雄の尾端は腹側に巻いており,交接囊様の小尾翼が認められ,1本の交接刺をもっている。雌の尾端は細長くとがり,体部の前方1/3の腹側正中線上に陰門がある。世界中に広く分布しており,集団生活,人口の過密化に伴って感染の機会が多くなるため,日本はじめ先進諸国にも普通にみられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のギョウチュウ(蟯虫)の言及

【寄生虫】より

…文献上でも《史記》の倉公伝など,古くから寄生虫についての記載があるが,寄生虫病についても詳しく記載している《諸病源候論》によると,7世紀初頭には伏虫,蚘虫,白虫,肉虫,肺虫,胃虫,弱虫,赤虫,蟯虫の9種の寄生虫が知られていた。伏虫,蚘虫,蟯虫は,それぞれジュウニシチョウチュウ(十二指腸虫),カイチュウ(回虫),ギョウチュウ(蟯虫)とされ,寸白虫ともいう白虫はジョウチュウの節片ではないかとされている。また蠱毒(こどく)といわれていたものの一部もジュウケツキュウチュウ感染ではないかとされている。…

※「ギョウチュウ(蟯虫)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ギョウチュウ(蟯虫)の関連キーワード蟯虫サナダムシ縮小条虫条虫類袋形動物鞭虫線形動物線形虫蟯虫感染軟体類

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone