ギヨーム[サンチエリ](英語表記)Guillaume de Saint-Thierry

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ギヨーム[サンチエリ]
Guillaume de Saint-Thierry

[生]1080頃.リュティッヒ
[没]1149.9.8. シニィ
フランスの哲学者,神学者。 1119~35年サンチエリのベネディクト会修院長。のちシトー会士。ベルナルドゥスの友。修道生活を根底とし,原罪にもかかわらず残されている記憶の力を強調する独自の神愛論を説いた。主著"Epistola aurea" "De contemplando Deo" "De natura et dignitate amoris"。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android