コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギンユゴイ ギンユゴイKuhlia mugil

2件 の用語解説(ギンユゴイの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ギンユゴイ
Kuhlia mugil

スズキ目ユゴイ科の魚。体長 40cm。体は長楕円形で,著しく側扁する。背面は青色,下方は銀白色で,深く切れ込みのある二叉した尾鰭には中央に 1条,その上下に各 2条の黒褐色の縦帯がある。沿岸性の魚で潮だまりなどでも見られる。本州中部以南,インド・太平洋域に広く分布する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ギンユゴイ
ぎんゆごい / 銀湯鯉
flagtail
[学]Kuhlia mugil

硬骨魚綱スズキ目ユゴイ科に属する海水魚。南日本から太平洋の熱帯海域に広く分布し、日本の沿岸では3~4センチメートルの幼魚が潮だまり(タイドプール)にみられる。全長30センチメートルに達し、体は長楕円(ちょうだえん)形で側扁(そくへん)する。体色は背方は青色で、腹方は銀白色。尾びれに5条の幅広い黒褐色縦帯がある。本種は熱帯性の魚で、南方海域で産まれた卵や稚魚が、黒潮の流れに乗って日本の沿岸にたどり着いて生息するが、冬に水温が低下すると死滅する。姿が美しいので観賞魚として飼育される。近縁種のユゴイK. marginataは、淡水の混じった汽水域を好み、ときには淡水にも入る。[片山正夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のギンユゴイの言及

【ユゴイ(湯鯉)】より

…毛ばり釣りや刺網などで漁獲されるが,漁獲量は少なく,日本では産業上の価値はない。 日本にはユゴイ類として,ユゴイのほかにオオクチユゴイ,トゲナガユゴイ,ギンユゴイの3種がいる。前2種はユゴイと形態,生活場所,食性などがよく似ている。…

※「ギンユゴイ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ギンユゴイの関連キーワードアイアイオマキザルメヌケ出世魚長門型戦艦アオリイカアカウオアジ(鰺)アツモリソウアメフラシ

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone