クシナガラ(英語表記)Kuśinagara

世界大百科事典 第2版の解説

クシナガラ【Kuśinagara】

中央インドの古国でマッラ族居住地。音訳は拘尸那掲羅。上茅城,草城とも意訳する。祭式用のクシャ草(ダルバ草)の都城(ナガラ)を意味する。仏陀はこの国の北方のサラソウジュ(娑羅双樹)の間に,頭を北に向け右脇を下につけて入滅したという。釈尊の四大聖地(生誕地,得道地,初転法輪地,入滅地)の一つとして名高い。この地を訪れた中国僧法顕や玄奘の記述あるいは発掘された出土品等から,現在では北インド,ウッタル・プラデーシュ州北東部のカシアがクシナガラの古跡とされている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クシナガラ
くしながら
Kuinagara

古代インドの十六大国の一つで、マッラ人の首都。釈尊(仏陀(ぶっだ))がこの地の沙羅双樹(さらそうじゅ)の間に臥(ふ)して入滅したので、仏教四大聖地の一として尊ばれている。仏典によれば、人々は釈尊の遺体を荼毘(だび)に付し、ここに塔を建てて祀(まつ)ったと伝える。法顕(ほっけん)(335?―421?)や玄奘(げんじょう)(602―664)が訪れたころにはすでにさびれていたが、精舎(しょうじゃ)(僧院)や塔があり、仏陀の涅槃(ねはん)像が安置されていた。現在のウッタル・プラデシュ州のカシアKasiaという町に古い仏塔があり、ここから涅槃塔(ただし最初のものではない)であることを証する銅板が発見され、これが仏陀入滅の古址(こし)であると考えられている。[森 章司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のクシナガラの言及

【ゴーラクプル】より

…1970年代初頭には,日本政府援助の化学肥料工場も完成し,ガンジス川中流域北部平野の商工業中心都市として発展している。南郊に釈迦入滅の地クシナガラがある。【中山 修一】。…

※「クシナガラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android