コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クスサン(樟蚕) クスサン Dictyoploca japonica

1件 の用語解説(クスサン(樟蚕)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

クスサン【クスサン(樟蚕) Dictyoploca japonica】

鱗翅目ヤママユガ科の昆虫(イラスト)。日本全国にごくふつうに見られ,幼虫は白色の長毛に覆われているため,一部の地方ではシラガタロウと呼ばれている。大型のガで,開帳10cm内外。クヌギコナラサクラ,ウメ,モモ,リンゴ,ナシ,カキ,ヌルデなどひじょうに多くの植物に寄生し,他の害虫があまりつかないイチョウに発生することもある。クリ林によく発生するところから,クリケムシと呼ばれることもある。樹幹にかためて産みつけられた卵は春に孵化(ふか)して7齢を重ね,夏の初めに楕円形の固い網目状の繭をつくって蛹化(ようか)する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

クスサン(樟蚕)の関連キーワード鱗翅類樟蚕蝙蝠蛾尺蛾天蚕糸蚕毒蛾虎蛾夜蛾山繭神樹蚕

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone