コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クズ(葛) クズPueraria lobata; kudzuvine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クズ(葛)
クズ
Pueraria lobata; kudzuvine

マメ科のつる性多年草。アジアの暖・温帯に分布する。山野に普通で,大群落をつくる。全草に粗毛を生じ,葉は3枚の小葉から成る複葉。花は紫紅色で7~9月頃に多数が総状花序をなして咲く。根は長く肥大し,上質のデンプンをたくわえている。くず粉は本来これを取出したものであるが,今日ではジャガイモデンプンで代用されている。葉はウシやウマの飼料とされ,茎の皮は布を織るのに利用された。日本では秋の七草の1つとして昔から親しまれてきたが,現在では北アメリカにも帰化植物として分布し,手ごわい雑草となっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

クズ(葛)【クズ】

北海道〜九州,東アジアの山野に自生するマメ科のつる性多年草。肥大する根があり,茎の基部は木質化する。葉は3出葉で,小葉は菱状卵形,長さ幅とも10〜15cm,下面は白っぽい。
→関連項目デンプン(澱粉)料作物

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クズ【クズ(葛) kudzu】

地下にいも状に肥大した塊根を有するマメ科のつる性多年草(イラスト)。秋の七草の一つにされる。塊根は長さ1m以上,直径20cmにも達する。植物体に黄褐色の開出する粗毛を生じていて,つるは他物にまきついてよじ登り,長さ10m以上となる。茎が地上をはったときには,各節から根を出し,繁殖する。葉は3小葉,大型で,小葉は長さ10~20cmになる。葉腋(ようえき)から総状花序を出し,多数の芳香のある紫紅色の花をつける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のクズ(葛)の言及

【カズラ(蔓∥葛)】より

…このように,草木のつるや茎や花などを取って髪飾りとすることを〈鬘く〉といい,もともと,植物の盛んな生命力を人間の体に取り入れようと願ったことから始まった。 地方により特定の植物,例えばテイカカズラ(岡山),クズ(香川)などを単に〈かずら〉と呼んでいる。また蔓水,蔓壺というと,それぞれサネカズラ(美男蔓)の粘液とそのつるを浸すに用いる壺のことである。…

※「クズ(葛)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

クズ(葛)の関連キーワード葛根湯かつら葛布

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クズ(葛)の関連情報