コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

葛布 くずふ

7件 の用語解説(葛布の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

葛布
くずふ

くずぬのともいう。マメ科のつる性多年草クズ (葛) の茎からとった繊維で織った布。白色強靭で帷子 (かたびら) ,喪服などのほか襖 (ふすま) 張りや表装に用いた。古くはこれを藤衣と称した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

くず‐ぬの【葛布】

くずふ(葛布)

くず‐ふ【葛布】

縦糸に綿などを用い、横糸にの繊維を用いて織った布。丈夫で水に耐えるので、雨具・袴(はかま)に作り、また、ふすま・屏風(びょうぶ)などにも用いる。静岡県掛川の特産。くずぬの。 夏》

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

くずふ【葛布】

クズ(葛)の繊維を紡いだ糸で織った布。古くはフジ,コウゾ,麻などとともに庶民の衣料として用いられ,また高貴の人の喪服として用いられることもあったらしい。しかし,通常葛布と称するものは,経糸に絹,麻などを用い,緯糸をクズ糸で織ったものが多く,これは中世以来正式でない場合の袴などにつくられ,水干葛袴(すいかんくずばかま)という決まった服装があったほどである。現在は衣料として使われることはほとんどなく,じょうぶで,かつ野趣に富んでいるところから,もっぱら襖(ふすま)張りや壁張り,表装用,装本用の布などに用いられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

くずぬの【葛布】

くずふ【葛布】

葛の茎の繊維を緯よこ糸に用いて織った布。水に強く丈夫なので、古くは袴はかま・仕事着とし、明治以後襖地・壁装材とした。静岡県掛川の特産。くずぬの。かっぷ。 [季] 夏。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

葛布
くずふ

クズ、クズカズラ、マクズなどとよぶ、秋の七草の一つにあげられる、マメ科植物の靭皮(じんぴ)繊維からつくられた織物。
 このクズつるを煮たのち、流水につけ、青草の中で発酵させ、水中で幾度も打ち、日光と空気中にさらして繊維とする。もともと経緯(たてよこ)ともクズを使って織り、衣料や土ふるい用として使っていたが、現在では、経糸には木綿または絹を使い、緯糸にだけクズを用いている。
 用途としては、襖(ふすま)張り、壁張り、表装地などに多く用いられている。静岡県掛川市付近の生産は江戸時代から著名であるが、唐津(からつ)市佐志(さじ)でも織られていた。[角山幸洋]
『外村吉之介著『葛布帳』(1938・日本民芸協会) ▽大蔵永常著『製葛録』(『日本科学古典全書11』所収・1944・朝日新聞社) ▽野間吉夫著『佐志の葛布』(1965・私家版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の葛布の言及

【掛川[市]】より

…東海道の要所にあり,市域には古くから掛川宿,日坂(につさか)宿が置かれた。中心市街の掛川は城下町でもあり,商業が栄え,特産品として葛布(かつぶ∥くずふ)が生産された。江戸時代に掛川藩主太田氏が生産を奨励,明治中期以降は壁布として輸出され,掛川の主要産業であったが,現在は衰退した。…

【織物】より

…平地が少なく植物の繁茂する日本のような地理的条件のもとでは,はじめは野生のコウゾ(楮),カジノキ(榖),クズ(葛),ヤマフジ(山藤),シナノキ(科)などの樹皮繊維が利用され,その後自生のチョマ(苧麻)やタイマ(大麻)の類が栽培されて,麻布が織られるようになったと考えられる。近年まで一部の地方では樹皮繊維で織物が作られて衣料となっていたし,現在もわずかながら榀布(しなぬの)は新潟県山北町大字雷や山形県温海町関川などで,葛布は静岡県掛川で織られている。しかし,樹皮繊維は堅く粗々しいものであったから,川にさらし,灰汁(あく)で煮,槌でたたいて繊維をほぐすという採糸の苦労があり,いつしか一般的でなくなり,やわらかく,紡ぐことのたやすいチョマやタイマが植物繊維の主要な原料となってきたのである。…

【掛川[市]】より

…東海道の要所にあり,市域には古くから掛川宿,日坂(につさか)宿が置かれた。中心市街の掛川は城下町でもあり,商業が栄え,特産品として葛布(かつぶ∥くずふ)が生産された。江戸時代に掛川藩主太田氏が生産を奨励,明治中期以降は壁布として輸出され,掛川の主要産業であったが,現在は衰退した。…

※「葛布」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

葛布の関連キーワード亜麻糸苧麻綿布鬼ザラサ絹布純綿梳綿太布刺草織綿糸紡績

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

葛布の関連情報