コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クズネッツ クズネッツ Kuznets, Simon Smith

6件 の用語解説(クズネッツの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クズネッツ
クズネッツ
Kuznets, Simon Smith

[生]1901.4.30. ハリコフ
[没]1985.7.9. マサチューセッツケンブリッジ
ロシア生れのアメリカの経済学者,統計学者。中心的研究分野は国民所得論,景気変動論,経済変動論などで,特に国民所得や経済成長の国際比較に関する理論と統計の世界的権威。コロンビア大学卒業後,1930年ペンシルバニア大学統計学助教授 (1936,教授) ,54年ジョンズ・ホプキンズ,60年ハーバードの各大学教授を歴任し,その間ナショナル・ビューロー・オブ・エコノミック・リサーチ NBERスタッフとしても活躍し,49年アメリカ統計学会会長,54年アメリカ経済学会会長をつとめ,71年ノーベル経済学賞を受賞した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

クズネッツ(Simon Smith Kuznets)

[1901~1985]米国の経済学者。ロシア生まれ。ハーバード大教授。国民所得統計と国民所得論の権威。景気変動のクズネッツの波を発見したことでも知られる。1971年ノーベル経済学賞受賞。著「近代経済成長の分析」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

クズネッツ

米国の経済学者,統計学者。ウクライナのハリコフに生まれ,米国のコロンビア大学を卒業,ペンシルベニア大学,ジョンズ・ホプキンズ大学を経て1960年ハーバード大学教授となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

クズネッツ【Simon Smith Kuznets】

1901‐85
ロシアのハリコフ生れでアメリカの経済学者。アメリカに移住,帰化し,1926年にコロンビア大学で博士号をとり,ペンシルベニア大学,ジョンズ・ホプキンズ大学,ハーバード大学教授を歴任。この間,アメリカ統計学会会長,アメリカ経済学会会長をつとめた。クズネッツ経済学の特色は,経済統計量の長期的趨勢についての実証研究に徹することにある。彼は,アメリカにおける国民所得会計の成立に際して主導的役割を演じたが,その後は世界各国の国民総生産やその構成要素の分析を通じて,長期波動産業構造の変化法則,平均貯蓄性向の長期的安定性,所得分配の平等度の逆U字型変動等の多くの規則性を発見した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

クズネッツ【Simon Kuznets】

1901~1985) アメリカの経済学者。ロシア生まれ。アメリカ経済の時系列分析でクズネッツ循環を発見。国民所得概念と国民所得統計を整備して国民所得論を確立。著「近代経済成長の分析」「諸国民の経済成長」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クズネッツ
くずねっつ
Simon Smith Kuznets
(1901―1985)

アメリカの経済学者。ロシアのハリコフに生まれ、若くしてアメリカに帰化し、コロンビア大学に学び、1926年に同大学で学位を取得。ペンシルベニア大学(1936~54)、ジョンズ・ホプキンズ大学(1954~60)の教授を経て、ハーバード大学経済学部教授(1960~71)。この間、全国経済調査会(NBER)の主要メンバーとしても活躍した。専攻分野は、国民所得論、景気変動論、経済成長論などであり、とくに国民所得の推計や経済成長の国際比較についての数量的・実証的分析で高く評価されている。また、景気循環についてのクズネッツ循環平均貯蓄性向の長期安定性、所得分配の平準化傾向などについての経済学的貢献がある。1971年にノーベル経済学賞を受賞。主著には『経済成長――六つの講義』Six Lectures on Economic Growth(1959)、『近代経済成長の分析』Modern Economic Growth(1966)などがある。[藤野次雄]
『塩野谷祐一訳『近代経済成長の分析』全2巻(1968・東洋経済新報社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のクズネッツの言及

【景気循環】より

…主循環とはジュグラー・サイクルのことを意味していたので,ワードウェルは,ジュグラー・サイクルより長く,コンドラチエフ・サイクルより短い周期の循環運動の現れているのに気づかなかった。 1930年になると,S.S.クズネッツは,アメリカ,イギリス,ドイツ,フランスなどのいろいろの商品の生産量と価格の系列からトレンドを除いた後に,20年を少し上回る平均周期をもったサイクルを発見した。彼は,このサイクルをコンドラチエフ・サイクルと同じ種類のものと考えていた。…

【産業構造】より

…これが産業構造の変化を大ざっぱな3分類法によって分析した最初のものである。その後S.S.クズネッツらによっても,同様な分析がなされている。 産業構造の分析を工業部門に絞って行ったものとして有名なものに,ドイツの経済学者ホフマンWalther G.Hoffmannの例がある。…

【所得分布】より

…所得の不平等は第2の方法で計測されることが多い。 所得分布は経済成長の過程で当初こそ不平等化が進むが,一定の時点をすぎると一転して平等化に向かうというS.S.クズネッツの逆U字仮説がある。この仮説は先進18ヵ国の経験から導き出された。…

【数量経済史】より

… アメリカには,〈新しい経済史〉には入らないとしても,数量経済史の中に含めて差支えないいくつかの流派がある。国民経済計算(社会会計)の方法を用いて経済成長や経済変動を描写し,経験法則を見いだすもので,長期波動,産業構造変化法則,平均貯蓄率の安定等の発見を含むS.S.クズネッツの業績が代表的なものである。ほかに人口史,物価史,貨幣史などの分野でも多くの業績がみられる。…

※「クズネッツ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

クズネッツの関連キーワードハリコフ御針子Харьковなはりこちゃんシリコフェロライトコロトコフ,N.ハリコフ会議ブルガーコフ,S.N.高森古墳群鎮守森古墳

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クズネッツの関連情報