コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クズ

栄養・生化学辞典の解説

クズ

 [Pueraria lobata].マメ目マメ科クズ属の多年草.根からデンプンをとる.花や若い葉も食用にする.英語のarrowrootはクズに相当しデンプンをとるが,別の植物.⇒アロールート

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クズ
くず / 葛
[学]Pueraria lobata (Willd.) Ohwi

マメ科の藤本(とうほん)。茎はつる状で、褐色の粗い毛があり、長さ10メートルにも達して基部は木化し、根は長大で多量のデンプンを蓄える。葉は3小葉からなり大きく、長柄がある。小葉は両面、とくに裏面に白毛をやや密につけ、頂小葉は菱(ひし)状円形、長さ・幅ともに10~20センチメートルで、3中裂するものもある。8~9月、葉腋(ようえき)の総状花序に長さ約2センチメートルの紅紫色の蝶形花(ちょうけいか)を密につける。旗弁(きべん)は基部付近から外側にほぼ直角に折れて立ち、内面中央付近に1対の黄色斑(はん)が目だつ。萼片(がくへん)は長く、萼筒のほぼ2倍。豆果は線形で扁平(へんぺい)、褐色の長剛毛が密生する。北海道から奄美(あまみ)群島の山野に生え、朝鮮半島、中国、東南アジア、太平洋諸島にも分布。根のデンプンは葛粉(くずこ)になり、茎の繊維で葛布(くずふ)を織る。昔、大和(やまと)(奈良県)の国栖(くず)の人がデンプンを売りに出したので、この植物をクズとよぶようになったという説がある。秋の七草の一つ。[立石庸一]

薬用

漢方では、根を板状または小さな四角形に刻み、冷水中にさらしたあとに乾燥したものを葛根(かっこん)(形により板(いた)葛根、角(かく)葛根という)と称し、発汗、解熱、鎮痙(ちんけい)剤として用いる。有名な処方は葛根湯で、感冒、インフルエンザ、はしか、肺炎、神経痛、蓄膿(ちくのう)症、中耳炎、肩こりなどに頻用する。花を葛花(かっか)といい二日酔いの治療に用いる。クズデンプン、葛根にもその作用がある。[長沢元夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

クズの関連キーワードラビット たいへんよくきえました消しゴムレーニンスククズネツキーアンジェロスジェンスクフォームイレイザープロコピエフスクその他のイモ類クズネツク炭田クズデンプン金色矮吉丁虫プエラリア久須加豆良マランタケメロボカラテアデンプン野小豆真葛原裏見草葛鬱金屑穴子

クズの関連情報