コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クセナキス Xenakis, Yannis(Iannis)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クセナキス
Xenakis, Yannis(Iannis)

[生]1922.5.29. ブライラ
[没]2001.2.4. パリ
ルーマニア生れ,ギリシア系のフランスの作曲家,建築家,数学者。第2次世界大戦中はギリシアのレジスタンスに参加し,アテネ工科大学で建築学を学ぶ。卒業後の 1947年パリに亡命,ル・コルビュジエの建築事務所に入る。その間,エコール・ノルマル・シュペリュール (高等師範学校) で A.オネゲルと D.ミヨーに,パリ音楽院で O.メシアンに作曲を学ぶ。音楽の確率理論のもとに,54年管弦楽のための『メタスタシス』を作曲。次いで,みずからミュジック・ストカスティック (確率音楽) と呼ぶ作曲法によって 56年『ピソプラクタ』を発表し,さらに 62年コンピュータを用いて作曲した,10人の演奏者のための『ST/10-1,080262』や,66年『テレテクトール』 (聴衆のなかにばらまかれた 88人の演奏家によるオーケストラのための作品) を書き,また同 66年数学的・自動的音楽研究センターを設立するなど,現代音楽において特異な位置を占めた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

クセナキス(Iannis Xenakis)

[1922~2001]ギリシャの作曲家。ルーマニア生まれ。レジスタンス運動に参加し、のちパリに亡命。数学を音楽作品に取り入れ、コンピューターを用いた「推計音楽」を提唱、斬新な作品を発表した。建築家としてル=コルビュジェの下で働いていたこともある。作「メタスタシス」「ポリトープ」「ピソプラクタ」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

クセナキス

ルーマニア生れのギリシア人作曲家,建築家。10歳でギリシアに帰国しアテネ工科大学で建築学と数学を学ぶ一方,音楽の勉強を続ける。第2次大戦中は対独レジスタンスに身を投じ,戦後も軍事政権との闘いに参加。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)の解説

クセナキス

ルーマニア出身のギリシア系の作曲家。主にパリで活動した。アテネ工科学校を卒業している。和声と対位法はクンドゥロフに師事した。ドイツ、イタリア、イギリスと相次いで占領される中、抵抗運動に身を投じたクセ ...続き

出典|(社)全日本ピアノ指導者協会ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クセナキス【Iannis Xenakis】

1922‐
ルーマニア生れのギリシア人作曲家。第2次世界大戦中の抵抗運動のため祖国を追われ,1947年以来パリに定住し,フランス国籍を獲得。H.シェルヘンの支援を受け,アテネ工科大学で音楽と建築学を学び,そこで得た数学の知識を音楽に応用する試みを行う。ル・コルビュジエの下での建築の構造計算の仕事は,やがて《ポリトープ》(1967年,モントリオール。1972年,クリュニー)という光と建築と音楽の総合をはかる作品として結実。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

クセナキス【Iannis Xenakis】

1922~2001) ギリシャの作曲家。ルーマニア生まれ。のち、パリへ亡命。ル=コルビュジエの助手として建築にも携わる。コンピューターを利用した統計的分布に基づく曲を作曲。代表作「メタスタシス」「ポリトープ」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クセナキス
くせなきす
Iannis Xenakis
(1922―2001)

ルーマニア生まれのギリシア人作曲家。音楽の勉強と並行してアテネ工科大学で建築学を学んだ。第二次世界大戦中は地下組織に身を投じて対独抵抗運動に参加。大戦後も反独裁政府抵抗運動を行い、そのため死刑を宣告されたが、1947年パリに亡命し、65年にはフランスに帰化。1948年からル・コルビュジエのもとで建築設計を担当するかたわら、オネゲル、ミヨー、メシアンに音楽を学ぶ。55年初演の『メタスタシス』、57年初演の『ピソプラクタ』以降、一貫してコンピュータを利用した作曲活動を続け、確率分布の法則、蓋然(がいぜん)性理論を音楽に導入した作曲家として広く知られている。ミクロ的には偶然的にみえてもマクロ的にみれば統御されているような構造を音楽に適用した。カオス(混沌(こんとん))と秩序の厳密な階層構造を特徴とする。表面的にはリゲティらの音群技法とも似ているが、クセナキスの場合、音の密度の濃淡、音域の計算などから、巨大な音の壁を聴くようなところがある。80年代にはデジタル・コンピュータを用いた音楽教育、作曲プログラムの開発などにも従事した。代表曲に『エオンタ』(1964)、『ポリトープ』(1967)、『ノモス・ガンマ』(1969)、『ペルセポリス』(1971)などがある。97年(平成9)京都賞受賞。著書に『形成化された音楽』Musiques formelles(1963。英訳『Formalized Music』1971)、『Musique. Architecture』(1971。邦訳『音楽と建築』)がある。[細川周平]
『高橋悠治訳『音楽と建築』(1975・全音楽譜出版社) ▽オリヴィエ・ルフォー・ダロンヌ著、高橋悠治訳『クセナキスのポリトープ』(1978・朝日出版社) ▽武満徹著『すべての因習から逃れるために――武満徹対談集』(1987・音楽之友社) ▽武満徹著『歌の翼、言葉の杖――武満徹対談集』(1993・ティビーエス・ブリタニカ) ▽Iannis Xenakis:Formalized Music;Thought and Mathematics in Composition(2001, Pendragon Press)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のクセナキスの言及

【コンピューターミュージック】より

…前者の方向はアメリカのヒラーL.A.Hillerなどによって追求され,アイザクソンL.M.Isaacsonと共作した弦楽四重奏のための《イリアック組曲》(1957)などが作られたが,音楽的に評価されるものはあまりない。後者の方向を積極的に追求したのはクセナキスである。彼は当初より数学的な形式モデルに基づく作曲を行っていたが,音の分布状態等を推測統計学を応用して確率論的に決定する方法を採るようになると,その計算のためにコンピューターを導入した。…

※「クセナキス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

クセナキスの関連キーワードコンピュータ・ミュージックミュージック・コンクレートアルディッティ弦楽四重奏団フリオ エストラーダコンピュータ音楽アイスキュロスコルビュジェギリシア音楽5月29日高橋アキ比較美学高橋悠治ギトリス電子音楽

今日のキーワード

首相指名

首相(内閣総理大臣)は国会議員の中から国会の議決で指名する(憲法67条)。衆参両院が異なった人を指名した場合、両院協議会でも意見が一致しない時は、衆院の議決を国会の議決とする。首相は文民でなければなら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クセナキスの関連情報