コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クヌギ(櫟) クヌギ Quercus acutissima

2件 の用語解説(クヌギ(櫟)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クヌギ(櫟)
クヌギ
Quercus acutissima

椚とも書く。ブナ科の落葉高木。日本,朝鮮半島,中国に分布する。山野に自生するが,昔は薪炭材として植林された。コナラとともに日本各地の2次林の代表的な樹種である。葉は長楕円形で長さ 12~15cm,鋸歯があり,成葉は無毛でなめらか,クリの葉によく似ている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

クヌギ【クヌギ(櫟) Japanese chestnut oak】

里山の雑木林に最も普通にみられ,大きな丸いどんぐりをつけ,樹液に昆虫が多く集まるなど,なじみの深いブナ科の落葉高木(イラスト)。幹は直立し,樹皮は縦に細かく裂ける。やや太い枝に,細長い葉が互生し,先端部に特に集まるということはない。葉の側脈は多数で平行して走り,先端は葉の縁よりも突出する。托葉は早落性で,成葉は無毛である。花は4月ころ,葉よりやや早く開く。雌雄同株。雄花は新枝の下部や下位の芽から房になって垂れ下がり,雌花は新枝の上部の葉腋(ようえき)の短い柄に1~2個つく。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のクヌギ(櫟)の言及

【団栗】より

…ブナ科,とくにコナラ属(クヌギカシ類など)植物の果実の総称で,樹上にあるときは基部は殻斗に包まれている。果皮は堅く,つやがあるか,毛におおわれる。…

※「クヌギ(櫟)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

クヌギ(櫟)の関連キーワード赤家蚊油蝙蝠家蠅雑木林明神鳥居北栗鼠黒初立壺菫痩せ山の雑木シンパー‐ブラウンの法則

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone