コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クヌギ(櫟) クヌギQuercus acutissima

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クヌギ(櫟)
クヌギ
Quercus acutissima

椚とも書く。ブナ科の落葉高木。日本,朝鮮半島,中国に分布する。山野に自生するが,昔は薪炭材として植林された。コナラとともに日本各地の2次林の代表的な樹種である。葉は長楕円形で長さ 12~15cm,鋸歯があり,成葉は無毛でなめらか,クリの葉によく似ている。花は早春葉の伸びるのとともに開花する。雄花は長さ4~6cmの黄色の穂として垂れ下がり,雌花は小さくて枝先につく。果実は殻斗 (かくと) をなす。その形は平らな球形で細い鱗片に密におおわれ,濃黄褐色を呈する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クヌギ【クヌギ(櫟) Japanese chestnut oak】

里山の雑木林に最も普通にみられ,大きな丸いどんぐりをつけ,樹液に昆虫が多く集まるなど,なじみの深いブナ科の落葉高木(イラスト)。幹は直立し,樹皮は縦に細かく裂ける。やや太い枝に,細長い葉が互生し,先端部に特に集まるということはない。葉の側脈は多数で平行して走り,先端は葉の縁よりも突出する。托葉は早落性で,成葉は無毛である。花は4月ころ,葉よりやや早く開く。雌雄同株。雄花は新枝の下部や下位の芽から房になって垂れ下がり,雌花は新枝の上部の葉腋(ようえき)の短い柄に1~2個つく。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のクヌギ(櫟)の言及

【団栗】より

…ブナ科,とくにコナラ属(クヌギカシ類など)植物の果実の総称で,樹上にあるときは基部は殻斗に包まれている。果皮は堅く,つやがあるか,毛におおわれる。…

※「クヌギ(櫟)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

クヌギ(櫟)の関連キーワードアベマキ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android