クライストロン

  • klystron

百科事典マイペディアの解説

速度変調管ともいい,マイクロ波真空管一種直流電圧により加速された電子流がマイクロ波を共振させる空洞共振器により速度変化を受け,第2の空洞共振器内に強いマイクロ波を起させ,これが出力となる。入出力にそれぞれ空洞共振器をもつ直進形は主として増幅用に,1個の空洞共振器で2者を兼ねる反射形は発振用に使われる。
→関連項目進行波管電子管

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

速度変調管ともいう。1939年アメリカのバリアン兄弟Sigurd Varian,Russel Harrison V.により発明された極超短波帯(UHF以上)の増幅用真空管。陰極よりの電子を高い直流電圧で加速し,これより十分小さい高周波電圧をかけた電極間隙を通過させると,電子速度が周期的に変化する。これがある距離を進む間に,位置的に密度の変化した電子流となる。すなわち速度変調が密度変調に変わる。十分密度の振幅が大きくなったところに電極間隙を置き出力を取り出す。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

もと商標名
マイクロ波発振・増幅用の真空管の一種。1939年アメリカで発明。速度変調管。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マイクロ波(1ギガヘルツ以上の電気振動)の増幅・発振用の電子管。電子管内の電子の走行速度を入力信号で変調し、これら電子が出力側に達するとき電子流に密度差が生ずるのを、共振空胴により取り出すもので、速度変調管ともよぶ。1935年にドイツのA・A・ハイルとO・ハイル兄弟は、負格子真空管で問題になった電子走行時間の変動を積極的に利用する「速度変調」のアイデアを出した。このアイデアはスタンフォード大学のR・H・バリアンとS・F・バリアン兄弟、およびゼネラル・エレクトリック社のメトカーフにより39年に具体化され、以後クライストロンとして広く用いられている。
 電子銃から放射された電子流は、入力信号と共振する空胴共振器(バンチャー)の間隙(かんげき)を通過するとき速度変調される。この電子流は、ある距離を離れた出力用の空胴共振器(キャッチャー)の間隙に達するときに、先の遅い電子に後の速い電子が追い付くという集群作用によって密度変調されている。クライストロンはこの現象を利用して発振や増幅を行う。バンチャーとキャッチャーが別個のものを直進型クライストロンとよび、主として増幅用に用い、また、電子流を反射させて空胴共振器を入出力用に共用したものを反射型クライストロンとよび、発振用に用いる。超大型加速器や核融合プラズマ用にパルス動作で100メガワット連続波で1メガワットのクライストロンもあり、重量はほぼ1トンにも達している。[岩田倫典]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (klystron) マイクロ波用電子管の一つ。マイクロ波通信機器、測定器などの発振、増幅に広く用いられる。速度変調管。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

化学辞典 第2版の解説

マイクロ波で使われる電子管であり,高出力の増幅管,マイクロ波の発振管として用いられる.動作周波数範囲は GHz 帯に及ぶ.動作原理は,電子ビームが空洞ギャップを通過するとき,このギャップに信号電圧が加わっていれば,その電界の作用によって電子の速度が変化し(速度変調),この場合,電子ビームの電子の密度は,信号電圧に応じて濃淡(密度変調)を生じ,この濃淡を出力として取り出せば増幅作用となる.図はその原理を示したものである.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

妨害運転罪

2020年に施行された改正道路交通法で新設された罰則。他の車の通行を妨げる目的で、車間距離の不保持、急ブレーキ、幅寄せや蛇行運転、対向車線からの接近や逆走をするなどの10の違反行為を妨害運転と定義して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android