コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クライスラー Chrysler, Walter Percy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クライスラー
Chrysler, Walter Percy

[生]1875.4.2. カンザス,ワミーゴ
[没]1940.8.18. ニューヨーク,グレートネック
アメリカ三大自動車会社の1つであるクライスラー社の創設者。初めユニオン・パシフィック鉄道の機械工場に見習工として入社,のち草創期の自動車工業に身を投じ,ビュイック部門の製作部長として,創立直後のゼネラル・モーターズで活躍,1919年退社時はビュイック部門の社長であった。 25年クライスラー社設立,28年名車プリマスを発表して,フォード,シボレーに対抗する第三勢力となった。

クライスラー
Kreisler, Fritz

[生]1875.2.2. ウィーン
[没]1962.1.29. ニューヨーク
オーストリア生れのアメリカのバイオリニスト,作曲家。7歳でウィーン音楽院に入学,1885年パリ音楽院で J.マッサールにバイオリンを,L.ドリーブに作曲を学ぶ。 88~89年ピアニストの M.ローゼンタールとアメリカを演奏旅行し,輝かしい成果を収めた。 1943年アメリカに帰化バイオリニストとして一世を風靡するとともに,作曲や編曲によるバイオリン小品も多数残し,『ウィーン奇想曲』『愛の悲しみ』『愛の喜び』『中国の太鼓』などは珠玉の小品とされている。 1923年来日。

クライスラー
Chrysler LLC

アメリカ合衆国の自動車メーカー。前身はマックスウェル・モーターであるが,ゼネラル・モーターズを退職したウォルター・P.クライスラーが再建して 1925年に設立。 1928年ダッジ (1914設立) を買収してビッグ・スリーの一角に入る。 1936~49年にはフォード・モーターを抜いたこともあるが,1950年代には技術偏重で業績が悪化,内紛が加わって危機に見舞われ,1961年に無名のリン・タウンゼンドが 42歳で社長に就任,巻き返しをはかった。アメリカ市場のシェアは一時8%まで低下したが,1968年には 18.9%にまで上昇。海外経営戦略では,1963年フランスの自動車会社シムカの乗っ取りが有名。その後イギリスのルーツ,スペインのバレイロスを買収。 1969年以降再び業績悪化に見舞われ以後低迷が続いた。 1987年にアメリカン・モーターズを買収。 1989年には三菱自動車の株式とガルフストリーム・アエロスペースを売却,さらに 1996年には防衛・航空関連部門をレイセオンに売却し,自動車部門に集中することになった。 1998年ドイツの自動車メーカー,ダイムラー=ベンツと合併し,ダイムラー・クライスラーと改称した。しかし 2007年には合併を解消。アメリカの投資ファンドの傘下に入り,社名をクライスラー LLCに変更した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

クライスラー

1925年創業。「ジープ」「ダッジ」などのブランドを持つ。小型の人気車を長年生み出せず、燃費の悪い大型車中心の品ぞろえで、燃料の高騰や経済危機が経営に響いた。98年に独ダイムラー・ベンツ(現ダイムラー)と合併したがうまくいかず、07年からは米投資ファンド、サーベラスが大株主。06年末に約8万7千人いた従業員を08年末には5万4千人まで減らした。08年の販売台数は前年比25%減の201万台。

(2009-05-01 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉の解説

クライスラー(Chrysler Group LLC)

米国の自動車会社。1925年、W=P=クライスラーが設立。クライスラー、ジープ、ダッジなどのブランドをもつ。ゼネラルモーターズフォードとともにビッグスリーとよばれ、世界の自動車産業を主導した。本社は米国ミシガン州オーバーンヒルズ。
[補説]サブプライムローン問題を発端とする世界金融危機の影響を受け、2009年4月に連邦破産法の適用を申請し、経営破綻。政府の支援、およびフィアット社との提携により、同年6月に新会社として再生した。

クライスラー(Fritz Kreisler)

[1875~1962]米国のバイオリン奏者・作曲家。オーストリア生まれ。作品に「愛の喜び」「ウィーン奇想曲」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

クライスラー

オーストリア出身の米国のバイオリン奏者,作曲家。20世紀前半を代表する名演奏家の一人。生地のウィーン音楽院ブルックナーらに学び,パリ音楽院ドリーブらに師事

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)の解説

クライスラー

ウィーンで生まれたアメリカ合衆国のヴァイオリニスト。幼少の頃よりヴァイオリンを学び始め、ウィーン市立音楽院に入学、パリ音楽院を幼くして卒業している。1899年にベルリン・フィルハーモニーと共演。それ ...続き

出典 (社)全日本ピアノ指導者協会ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クライスラー【Fritz Kreisler】

1875‐1962
オーストリアが生んだ20世紀最高のバイオリン奏者の一人で作曲家。のちアメリカに帰化。生地のウィーン音楽院,およびパリ音楽院で神童ぶりを発揮,12歳で音楽教育を終了。1899年ニキシュ指揮のベルリン・フィルハーモニーと協演し,独奏者としての地歩を固めた。第1次世界大戦に将校として従軍,負傷したが,その後も活発に演奏活動を続けた。彼の手にかかると,大曲も小品も親愛感あふれるものになり,そのため幅広い人気を博したが,とりわけ自作の小品の甘美な表現は絶品であった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

クライスラー【Fritz Kreisler】

1875~1962) アメリカのバイオリン奏者。オーストリア生まれ。「ウィーン綺想曲」「美しきロスマリン」などの作曲でも知られる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のクライスラーの言及

【牡猫ムルの人生観】より

…第1巻1820年,第2巻1822年刊。正式の題名は〈ならびに偶然まじり込んだ楽長ヨハネス・クライスラーの伝記断片〉という添書きをともなう。学をつんだ牡猫ムルは若い世代のために自分の生涯の回想録を書くが,その際,《楽長クライスラー伝》なる書物のページをやぶいて吸取紙もしくは下敷きとして使い,それがそのまま原稿にまじって印刷されたために,ムルの回想はしばしばクライスラー伝の断片によって中断される。…

【バイオリン】より


[日本のバイオリン]
 日本にバイオリンが導入されたのは明治時代にさかのぼる。大正時代にはジンバリストEfrem Zimbalist(1889‐1985),F.クライスラー,J.ハイフェッツなどの名演奏家が多数来日し,バイオリンへの関心が高まった。しかしバイオリンが一般化したのは昭和にはいってからであり,第2次世界大戦直前の時期には諏訪根自子,巌本真理,江藤俊哉,岩淵竜太郎などの演奏家が活躍している。…

※「クライスラー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

クライスラーの関連キーワードクライスラー(Chrysler Corp.)リド・アンソニー・リー アイアコッカニール・H. マッケロイディーター ツェッチェクライスラー300クライスラーLHS牡猫ムルの人生観美しきロスマリン米国の自動車業界ロバート ラッツイントレピッドロードランナーPTクルーザースーパー・ビーニューヨーカーチャレンジャークロスファイアベルヴェデアアベンジャーチャージャー

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クライスラーの関連情報