コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラマゴケ

百科事典マイペディアの解説

クラマゴケ

日本全土の林地などにはえるイワヒバ科の常緑シダ。細い糸状の茎が分枝しながら地面をはい,左右に規則正しく小さい葉が並び,その間にさらに2列の小さい葉がつく。盆栽にする。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クラマゴケ【Selaginella remotifolia Spring】

山地の林下にはえるコケのようなイワヒバ科の柔らかい多年生常緑シダ(イラスト)。茎は細く,地上を長くはい,主茎と側枝にはっきり分かれる。主茎には葉がまばらにつく。側枝は1~3回分枝し,葉と共に3~5mm。茎の分枝点には白く細い根(根持体ともいう)を生じる。葉は腹葉・背葉が2列ずつ,枝に密にならび,鱗片状で背葉はより小さい。腹葉は開出し,卵形辺縁は突起がなく,背葉は圧着する。葉脈は1本。胞子囊穂は小枝に頂生し,四角柱状,長さ5~15mm,太さ1mm。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クラマゴケ
くらまごけ / 鞍馬苔
[学]Selaginella remotifolia Spring

イワヒバ科の常緑性シダ。各地の山林中に生える小形草本で、一見、コケ状となる。茎は細く、叉状(さじょう)分枝しながら地表をはい、分枝点から白色糸状の担根体(根状体)を生じ、その先端から根が出る。葉は鱗片(りんぺん)状で、左右につく側葉と背面に2列につく背葉とがあり、計4列に並ぶ。側葉は卵形、背葉は斜めの長卵形で茎に圧着する。小枝の先端部に胞子葉が密集して穂をつくる。胞子葉は2型で、上面基部に、それぞれ大胞子嚢(ほうしのう)と小胞子嚢を生ずる。名は最初の発見地、鞍馬(くらま)山に由来する。近縁種のタチクラマゴケS. nipponicaは関東地方以西の暖地に分布し、側葉は広卵形、胞子葉をつけた枝は直立し、はっきりした穂をつくらない。コンテリクラマゴケS. uncinataは、中国南部原産で常緑。茎は太く、側枝は密に2~3回分枝して葉が互いに重なり合う。葉は日陰で青藍(せいらん)色の金属様に光る。挿芽で容易に繁殖するが、霜に弱いので、多くは温室内で栽培する。明治の初めに渡来した。[西田 誠]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

クラマゴケの関連キーワードコンテリクラマゴケ(紺照鞍馬苔)タチクラマゴケ(立鞍馬苔)コンテリクラマゴケミズニラ担根体叡山苔瓔珞苔前葉体愛宕苔西田

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クラマゴケの関連情報