コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クリーンエネルギー クリーンエネルギー

大辞林 第三版の解説

クリーンエネルギー

clean+ドイツ Energie〕
化石燃料の燃焼や原子力などと違って、廃棄物によって環境を汚染することのないエネルギー。太陽熱・地熱・風力・波力など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クリーンエネルギー
clean energy

太陽熱 (光) ,風力海流潮流の力などのように,電気や熱に変えても有害物質を出さないエネルギーをいう。石油や石炭などの化石燃料は燃焼によって酸化窒素,酸化硫黄などの有害物質を放出し,また,原子力発電では放射性廃棄物を出す。これに対してクリーンエネルギーは環境を汚染しないエネルギーで,化学燃料に代わって将来の重要なエネルギーとなるものと位置づけられている。しかし,化石燃料の代替エネルギーとなるには,経済的・技術的な点での開発が急務である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

クリーンエネルギーの関連キーワード地熱発電(ちねつはつでん)地球環境温暖化への取り組みエコ・ステーション推進協会マテリアルゲノム計画ハイブリッド・カーカーボンオフセットエコ・ステーションソフト・エネルギー水素酸素燃料電池風車(ふうしゃ)ディーゼルカー水素貯蔵用金属ガソリンカー新エネルギー電気自動車原子力産業ウルグアイ環境化学発電用水超小型車

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クリーンエネルギーの関連情報