コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クルレジャ クルレジャKrleža, Miroslav

5件 の用語解説(クルレジャの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クルレジャ
クルレジャ
Krleža, Miroslav

[生]1893.7.7. ザグレブ
[没]1981.12.29. ザグレブ
クロアチアの詩人,劇作家,小説家。現代クロアチアを代表する作家で,クロアチア文化の推進者。ブダペストの陸軍大学を卒業後,第1次世界大戦には一兵卒として参加し,この間に表現主義的手法による戯曲『伝説』 Legenda (1914) ,『ミケランジェロ・ブオナロッティ』 Michelangelo Buonarotti (19) ,詩集『パン』 Pan,『三つの交響楽Tri simfonije (17) などを発表。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

クルレジャ

クロアチアの作家。旧ユーゴスラビア科学アカデミー副議長。小説《フィリップ・ラティノビチの帰還》(1932年),戯曲《グレンバイ家の人びと》《ブリトバの祝宴》や詩集など多くの作品があり,社会批判が基調となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クルレジャ【Miroslav Krleža】

1893‐1980
ユーゴスラビアの文学者。ザグレブの生れ。ブダペストのルドビツェウム軍事アカデミー卒業。1914年すでに詩人として出発したが,第1次大戦の過酷な体験を短編集《クロアチア軍神マルス》(1922)で告発し,大ロングセラーとなった。ユーゴ共産党創立以来の党員として1925年ソ連邦へ行き,翌年発表した旅行記には,レーニン亡き後の不吉なスターリン時代が予知されている。その後発表した長編《フィリップ・ラティノビッチの帰還》(1932)は,生の意味を求めて放浪する画家の苦悩を描いた傑作。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

クルレジャ【Miroslav Krleža】

1893~1981) 旧ユーゴスラビア、クロアチアの作家。代表作は、長編「フィリップ=ラティノビッチの帰還」、全五巻の大河小説「旗」、方言を駆使した詩集「ペトリツァ=ケレンプフのバラード」など。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クルレジャ
くるれじゃ
Miroslav Krlea
(1893―1981)

旧ユーゴスラビア、クロアチアの詩人、劇作家、小説家。ザグレブに生まれる。ブダペスト陸軍士官学校を卒業、第一次世界大戦オーストリアハンガリー軍人として参加、戦後創作に専念。小説集『クロアチアのマルス神』(1922)および『千と一つの死』(1933)において、他国の利害のために戦わされるクロアチア民族の悲劇を描いた。一時期、表現主義に接近したが、1920年代末から30年代にかけて鋭敏な社会意識に基づくリアリズム作品『煩悶(はんもん)』(1928)、『グレンバイ家の人々』(1929)、『フィリップ・ラティノビッチの帰還』(1932)などを発表し、クロアチアのブルジョア社会の矛盾を描いた。[栗原成郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のクルレジャの言及

【ユーゴスラビア】より

…また言語の統一とともに各民族間の文学交流が生まれた。とくに20世紀に入ってから,アンドリッチらが編集した《南方文芸》(1918-19)にツァンカルクルレジャらも寄稿して,南スラブ諸族の文化的・文学的な協働が始まった。 20世紀に入って1918年には南スラブ諸族の統一国家ユーゴスラビアが成立するが,この20世紀の文学はスロベニアのモダニズム運動で幕をあける。…

※「クルレジャ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

クルレジャの関連キーワード東京大学ウェルナー猪子吉人谷弥五郎林忠恕人見一太郎ミュラーバロウ型累進変成帯シュリーレン包有物

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone