コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クルレジャ クルレジャ Krleža, Miroslav

5件 の用語解説(クルレジャの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クルレジャ
クルレジャ
Krleža, Miroslav

[生]1893.7.7. ザグレブ
[没]1981.12.29. ザグレブ
クロアチアの詩人,劇作家,小説家。現代クロアチアを代表する作家で,クロアチア文化の推進者。ブダペストの陸軍大学を卒業後,第1次世界大戦には一兵卒として参加し,この間に表現主義的手法による戯曲『伝説』 Legenda (1914) ,『ミケランジェロ・ブオナロッティ』 Michelangelo Buonarotti (19) ,詩集『パン』 Pan,『三つの交響楽Tri simfonije (17) などを発表。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

クルレジャ

クロアチアの作家。旧ユーゴスラビア科学アカデミー副議長。小説《フィリップ・ラティノビチの帰還》(1932年),戯曲《グレンバイ家の人びと》《ブリトバの祝宴》や詩集など多くの作品があり,社会批判が基調となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

クルレジャ【Miroslav Krleža】

1893‐1980
ユーゴスラビアの文学者。ザグレブの生れ。ブダペストのルドビツェウム軍事アカデミー卒業。1914年すでに詩人として出発したが,第1次大戦の過酷な体験を短編集《クロアチア軍神マルス》(1922)で告発し,大ロングセラーとなった。ユーゴ共産党創立以来の党員として1925年ソ連邦へ行き,翌年発表した旅行記には,レーニン亡き後の不吉なスターリン時代が予知されている。その後発表した長編《フィリップ・ラティノビッチの帰還》(1932)は,生の意味を求めて放浪する画家の苦悩を描いた傑作。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

クルレジャ【Miroslav Krleža】

1893~1981) 旧ユーゴスラビア、クロアチアの作家。代表作は、長編「フィリップ=ラティノビッチの帰還」、全五巻の大河小説「旗」、方言を駆使した詩集「ペトリツァ=ケレンプフのバラード」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クルレジャ
くるれじゃ
Miroslav Krlea
(1893―1981)

旧ユーゴスラビア、クロアチアの詩人、劇作家、小説家。ザグレブに生まれる。ブダペスト陸軍士官学校を卒業、第一次世界大戦オーストリアハンガリー軍人として参加、戦後創作に専念。小説集『クロアチアのマルス神』(1922)および『千と一つの死』(1933)において、他国の利害のために戦わされるクロアチア民族の悲劇を描いた。一時期、表現主義に接近したが、1920年代末から30年代にかけて鋭敏な社会意識に基づくリアリズム作品『煩悶(はんもん)』(1928)、『グレンバイ家の人々』(1929)、『フィリップ・ラティノビッチの帰還』(1932)などを発表し、クロアチアのブルジョア社会の矛盾を描いた。[栗原成郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のクルレジャの言及

【ユーゴスラビア】より

…また言語の統一とともに各民族間の文学交流が生まれた。とくに20世紀に入ってから,アンドリッチらが編集した《南方文芸》(1918-19)にツァンカルクルレジャらも寄稿して,南スラブ諸族の文化的・文学的な協働が始まった。 20世紀に入って1918年には南スラブ諸族の統一国家ユーゴスラビアが成立するが,この20世紀の文学はスロベニアのモダニズム運動で幕をあける。…

※「クルレジャ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

クルレジャの関連キーワードザグレブマグレブカプトルグラデツザグレブ大聖堂トミスラフ広場聖ボリスグレブ教会ザ・グレイズ フロリダ殺人事件簿ザ・グレート木暮武太夫(2)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone