コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クレアチンリン酸 クレアチンリンさんcreatine phosphate

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クレアチンリン酸
クレアチンリンさん
creatine phosphate

グアニジン誘導体の一種であるクレアチンのアミノ基 ( -NH2 ) にリン酸が結合した物質で,高エネルギーリン酸化合物の一種。筋肉でのエネルギー貯蔵物質と考えられ,クレアチンリン酸+ADP ⇔ クレアチン+ATPの反応によって,ATPを補充する,いわゆるホスファゲンの一種である。脊椎動物のホスファゲンはすべてクレアチンリン酸であり,無脊椎動物ではアルギニンリン酸その他が分布するのと対照的であるが,無脊椎動物のうちでもある種の環形動物ギボシムシ棘皮動物などには,クレアチンリン酸も存在する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クレアチンリン酸
くれあちんりんさん

クレアチンのグアニジン基がリン酸化された化合物で、アルギニンリン酸と同様フォスファーゲンとよばれる高エネルギーリン酸化合物の一つである。クレアチンリン酸の化学式はのようになる。
 筋肉中では酵素クレアチンキナーゼの作用によりATP(アデノシン三リン酸)とクレアチンリン酸は平衡に存在し、余分のATPはクレアチンリン酸の形で貯蔵され、ATPの濃度の4~6倍に達する。筋肉収縮などの際に、必要に応じてATPを再生し、とくに激しい運動などでATPの補給がまにあわなくなっても、しばらくはクレアチンリン酸を分解し、かわりにADP(アデノシン二リン酸)をリン酸化してATPを合成し、エネルギーの供給をしている。このようなリン酸化合物をフォスファーゲンといい、脊椎(せきつい)動物では普通はクレアチンリン酸がこの役目をもっている。原索動物の場合は、クレアチンリン酸を使うものとアルギニン酸を使うものが、種によって分かれている。
 一方、軟体動物や節足動物ではアルギニンリン酸をフォスファーゲンとしており、進化上この2群の動物の中間に位置する棘皮(きょくひ)動物には、クレアチンリン酸とアルギニンリン酸の両方をもつものや、それぞれ一方しかもっていないものなどがある。比較生化学の分野で進化の過程を示す物質の代表例としてしばしば取り上げられる。[菊池韶彦]
『バーク他著、入村達郎他監訳『ストライヤー 生化学』第6版(2008・東京化学同人)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

クレアチンリン酸の関連キーワードアルギニンリン酸(アルギニン燐酸)高エネルギー燐酸結合クレアチンキナーゼ高エネルギー化合物エネルギー代謝クレアチン燐酸アデノシンキナーゼ精液CP

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android