クレディセゾン[株](読み)クレディセゾン

百科事典マイペディアの解説

クレディセゾン[株]【クレディセゾン】

流通系クレジット・カードの最大手企業。1946年岡本虎二郎が家具専門商岡本商店を創業。1951年割賦販売専門小売業・緑屋として設立。1976年のセゾングループ参画を契機に信販事業を開始し,1980年に西武クレジットに社名変更。クレジット産業を〈コンピューターによる情報産業〉と位置づけ,1983年に発行されたセゾンカードを軸とする個人向け事業に力を注いでいる。1989年現社名に変更。2003年の総カード会員数は1490万人。セゾングループの解体により西武百貨店との関係は薄れるが,流通・金融をはじめさまざまな分野の有力企業と積極的な提携を行い,カード事業の拡大を図る。本社東京。2011年資本金759億円,2011年3月期営業収入2857億円。営業収入構成(%)は,クレジットサービス80,リース5,ファイナンス5,不動産関連4,エンタテイメント5。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android