コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クレーロー

2件 の用語解説(クレーローの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

クレーロー

フランスの数学者。1731年アカデミー・デ・シアンス会員。微分方程式,測地線,等周問題等を研究。1736年モーペルテュイに従ってラップランドで測量,その結果《地球形状論》(1743年)を著し,また月やすい星の運動を研究。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

クレーロー【Alexis‐Claude Clairaut】

1713‐65
18世紀フランスの数学者,天文学者。パリの数学教師の子に生まれ,早期教育を受けたため早くから数学の天分を発揮し,18歳でパリ科学アカデミーの会員に選出された。クレーローの業績は大きく二つに分けられる。第1は天体力学に関係したものである。1736年,クレーローはP.L.M.deモーペルテュイとともにラップランドに遠征し,帰国後地球楕円体の扁平率を求める公式を提出した。今日,この計算式導出法はクレーローの定理と呼ばれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

クレーローの関連キーワードガボットカルタンセールタラスコンダランベールフワーリズミーマショーラグランジュアルボア原亨吉