コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロスカップリング反応 クロスカップリングハンノウ

1件 の用語解説(クロスカップリング反応の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

クロスカップリング‐はんのう〔‐ハンオウ〕【クロスカップリング反応】

異なる構造をもつ二つの分子を結合させて一つの分子にする化学反応カップリング反応の一種。特に、結合させることが難しい、有機化合物を構成するベンゼン環などの炭素どうしを選択的に結びつける化学反応を指す。パラジウム触媒に用いるヘック反応根岸カップリング反応鈴木カップリング反応などが知られ、天然物の全合成医薬品や農薬、電子材料などの製造に広く応用されている。ヘテロカップリング反応

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クロスカップリング反応の関連情報