コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

化学量論 かがくりょうろん stoichiometry

6件 の用語解説(化学量論の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

化学量論
かがくりょうろん
stoichiometry

語源はギリシア語stoicheion (基本成分) と metrein (測定) との合成語で,当初は「化学元素を計算する術」として用いられ,質量保存則定比例の法則気体反応の法則などを内容としていた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かがくりょう‐ろん〔クワガクリヤウ‐〕【化学量論】

物質の化学的組成と物理的性質との間の数量的な関係を研究する化学の一部門。初めは、質量保存の法則定比例の法則気体反応の法則などを対象とした。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

化学量論【かがくりょうろん】

18世紀末J.B.リヒターが用いた語で,元素や化合物についての性質の間の数量的関係を研究する化学の一部門。質量保存の法則,定比例の法則,気体反応の法則などは化学量論的な関係であるという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

かがくりょうろん【化学量論 stoichiometry】

化学変化に伴う各物質間の量的変化の関係を明らかにしようとする化学の一分野。歴史的には,18世紀末ドイツのリヒターJ.B.Richter(1762‐1807)が,化学を数学的体系に還元できるのではないかと考え,種々の化学反応にあずかる成分の間の量的関係を調べたところ,当量的関係が成り立つことを見いだし,ギリシア語の基本成分を意味するstoicheionと測定を意味するmetreinを結びつけ,stoichiometryと呼んだのが初めである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かがくりょうろん【化学量論】

化学の基礎的・古典的な一部門。質量保存の法則・定比例の法則・倍数比例の法則・気体反応の法則・ファラデーの電気分解の法則などに関連して、物質の化学組成や化学変化を定量的に研究する。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

化学量論
かがくりょうろん
stoichiometry

元素や化合物について数量的に調べることをいう。18世紀後半にドイツのリヒターが「化学元素を計量する術」としてこの語を用いたのが初めである。今日ではすべて化学物質は数値を用いて研究されているが、質量保存の法則、定比例の法則、気体反応の法則などが出現するまでは、数量的には扱われていなかった。たとえば、物質の反応量を測定せずに定比例の法則は導けないが、18世紀後半には質量を測定して化学反応を調べるようになり、純物質の成分元素の質量比が一定であることがわかった。今日では、広義の物理化学がこれにあたる。ある物質の構造を調べ、その物質の性質との関連を調べるのも数量的な取扱いが必要であるためである。[下沢 隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学量論の関連キーワード経済発展熱分析化学変化化学方程式ファラデーの法則物理変化キャタライザーケモレオロジー代謝経路マルチバリエイト分析

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone