コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クーリー(苦力) クーリーku-li; k`u-li; coolie

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クーリー(苦力)
クーリー
ku-li; k`u-li; coolie

中国やインドなどの下層労働者を呼んだ語。もっぱら「下賤」な労働に従事するインドの低カーストの名が語源ともいわれるが,革命前の中国では運輸交通の労働に従事する者が多かった。 19世紀のイギリス領における奴隷制廃止後は,黒人奴隷に代って中国人,インド人がアメリカ大陸,西インド諸島東南アジアの農園,鉱山などで使役されるようになったが,彼らもクーリーと呼ばれた。形式的には契約労働が多いが,労働条件はきわめて悲惨で,実態は人身売買による奴隷的労働に等しかった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

クーリー(苦力)【クーリー】

中国やインドの下級労働者に対する外国人の呼称。英語でcoolie(cooly)。実質的には奴隷同様労働力として売買された。19世紀後半の黒人奴隷解放後,欧米の植民地における需要が増大し,クーリー貿易といわれるほど大量に広東などからキューバやパナマに送られた。
→関連項目マリア・ルース号事件

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

クーリー(苦力)の関連キーワードマリア・ルーズ号事件マードック白豪主義デリー把頭制

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クーリー(苦力)の関連情報