コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グプタ美術 グプタびじゅつGupta art

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グプタ美術
グプタびじゅつ
Gupta art

インドのグプタ朝 (320~600頃) の隆盛を背景に生れた古代インド最盛期の美術。クシャン朝時代には美術活動の中心がガンダーラとマトゥラ地方に限られていたが,この時代にはいくつかの中心地をもちながらも北インド全域に彫像美術が栄えた。仏教美術はマトゥラとサールナートにおいて,洗練された手法で仏陀の内面性を表現した古典的なグプタ様式を確立し,東アジアおよび東南アジアに多大の影響を与えた。ヒンドゥー教美術もこの時代に活発化し,ウダヤギリ,デオガリなどに優品がみられる。なおグプタ文化の影響を受けた西インドでは石窟寺院の第2の盛期を現出し,アジャンタ石窟にすぐれた壁画を残した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

グプタ美術の関連キーワード甘山寺石造阿弥陀像ドバーラバティービルマ美術

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android