コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グラッベ グラッベ Grabbe, Christian Dietrich

4件 の用語解説(グラッベの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グラッベ
グラッベ
Grabbe, Christian Dietrich

[生]1801.12.11. デトモルト
[没]1836.9.12. デトモルト
ドイツの劇作家。ライプチヒベルリンで法律を学び,のち故郷に帰って弁護士になったが,飲酒癖と不幸な結婚から職を失い,窮乏のうちに 34歳で死亡。一貫して歴史上の英雄が現実に挫折する悲劇性を追求。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

グラッベ

ドイツの劇作家。天才的素質をもちながら常軌を逸した性格と酒乱のため窮乏のうちに死んだ。《ドン・フアンファウスト》その他の戯曲は舞台条件を無視したものが多いが,近代リアリズム表現主義の先駆といえる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

グラッベ【Christian Dietrich Grabbe】

1801‐36
ドイツの劇作家。故郷のデトモルトで弁護士,軍法会議判事を務めた。飲酒癖と結婚の失敗が因となってすさんだ生活を送り,早世した。作品は歴史上の英雄を主人公とし,その悲劇的な運命を伝統的形式の枠にとらわれぬ大胆な手法で描き出している。代表作《ドン・フアンとファウスト》(1829)のほかに,《ナポレオン》(1831),《ハンニバル》(1835)などがある。【前田 彰一】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グラッベ
ぐらっべ
Christian Dietrich Grabbe
(1801―1836)

ドイツの劇作家。民衆の力が封殺された王政復古期、庶民出身のグラッベ自意識は屈曲して民衆蔑視(べっし)に向かった。『ドン・ジュアンとファウスト』(1829)などの作にその傾向が目だつ。その後、歴史を動かす民衆の力を認め『ナポレオンまたは百日天下』(1831)を書く。群衆描写と映像的作劇法は現代作家にも影響を与えている。また『ハンニバル』(1835)は、逆境のなかで自己の内面に目覚めた主人公が、甘んじて悲運を受容する姿を描く秀作。ほかに悲、喜劇6編など。[小松崎瑞彦]
『小栗浩訳『ドン・ジュアンとファウスト』(1967・現代思潮社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グラッベの関連キーワードシュトルム西ドイツ弁護士法統一ドイツアラベラ影のない女ドイツの小さな町ナクソス島のアリアドネ当番弁護士当番弁護士と国選弁護人

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

グラッベの関連情報