コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グラッベ グラッベGrabbe, Christian Dietrich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グラッベ
Grabbe, Christian Dietrich

[生]1801.12.11. デトモルト
[没]1836.9.12. デトモルト
ドイツの劇作家。ライプチヒ,ベルリンで法律を学び,のち故郷に帰って弁護士になったが,飲酒癖と不幸な結婚から職を失い,窮乏のうちに 34歳で死亡。一貫して歴史上の英雄が現実に挫折する悲劇性を追求。群衆描写にすぐれ,シュトゥルム・ウント・ドラング運動の最後を飾るとともに表現主義の先駆をなす。主作品『テオドール・フォン・ゴートラント公』 Herzog Theodor von Gothland (1827) ,『ドン・フアンファウスト』 Don Juan und Faust (29) ,『ナポレオン,または百日天下』 Napoleon oder Die hundert Tage (31) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

グラッベ

ドイツの劇作家。天才的素質をもちながら常軌を逸した性格と酒乱のため窮乏のうちに死んだ。《ドン・フアンとファウスト》その他の戯曲は舞台条件を無視したものが多いが,近代リアリズム表現主義の先駆といえる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

グラッベ【Christian Dietrich Grabbe】

1801‐36
ドイツの劇作家。故郷のデトモルトで弁護士軍法会議判事を務めた。飲酒癖と結婚の失敗が因となってすさんだ生活を送り,早世した。作品は歴史上の英雄を主人公とし,その悲劇的な運命を伝統的形式の枠にとらわれぬ大胆な手法で描き出している。代表作《ドン・フアンとファウスト》(1829)のほかに,《ナポレオン》(1831),《ハンニバル》(1835)などがある。【前田 彰一】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グラッベ
ぐらっべ
Christian Dietrich Grabbe
(1801―1836)

ドイツの劇作家。民衆の力が封殺された王政復古期、庶民出身のグラッベ自意識は屈曲して民衆蔑視(べっし)に向かった。『ドン・ジュアンとファウスト』(1829)などの作にその傾向が目だつ。その後、歴史を動かす民衆の力を認め『ナポレオンまたは百日天下』(1831)を書く。群衆描写と映像的作劇法は現代作家にも影響を与えている。また『ハンニバル』(1835)は、逆境のなかで自己の内面に目覚めた主人公が、甘んじて悲運を受容する姿を描く秀作。ほかに悲、喜劇6編など。[小松崎瑞彦]
『小栗浩訳『ドン・ジュアンとファウスト』(1967・現代思潮社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

グラッベの関連キーワード享和辛酉教獄植崎九八郎歌川豊広神田厚丸喜多川歌麿桜川慈悲成昇亭北寿鳥文斎栄之藤簍冊子

今日のキーワード

先輩証

文部科学省のOBなどが同省内に自由に出入りできる通行証のこと。同省の違法な天下りあっせん問題を受け、防止策の一環として2017年3月末で廃止(交付停止・使用禁止)となった。正式名称は「文部科学省先輩証...

続きを読む

コトバンク for iPhone

グラッベの関連情報