グリム(読み)ぐりむ(英語表記)Herman Grimm

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グリム(Herman Grimm)
ぐりむ
Herman Grimm
(1828―1901)

ドイツの美術史家。W・グリムの長男。ゲーテに深く傾倒し、ベルリン大学における講義草案をもとにした著書『ゲーテ』(1877)は、本業のミケランジェロやラファエッロに関する研究書以上に有名になった。『ゲーテとある子供との文通』(1835)を書いたベッティーナ・フォン・アルニムの末娘と結婚していたこともあり、ゲーテは彼にとってまだ身近な存在であった。[木村直司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

グリムの関連情報