コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グロタンディーク グロタンディーク Grothendieck, Alexandre

2件 の用語解説(グロタンディークの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グロタンディーク
グロタンディーク
Grothendieck, Alexandre

[生]1928.3.28. ベルリン
ドイツ生まれのフランスの数学者。モンペリエ大学エコール・ノルマル・シュペリュールで学び,1953年にナンシー大学で博士号を取得。ブラジルサンパウロ大学アメリカ合衆国カンザス大学およびハーバード大学を経て 1959~70年フランス高等科学研究所 IHÉSで研究。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

グロタンディーク【Alexander Grothendieck】

1928~ ) フランスの数学者。代数幾何学を新しい形式によって体系的に再編。スキームの概念で知られる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グロタンディークの関連キーワード西ベルリン東ベルリンベルリン青ベルリン映画祭シュターツカペレ・ベルリンベルリン空輸回廊ベルリン・ゲームベルリン州立管弦楽団ベルリンタワーベルリン協定

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone