コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グンバイヒルガオ seaside morning glory

2件 の用語解説(グンバイヒルガオの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

グンバイヒルガオ【seaside morning glory】

世界中の熱帯の海岸の砂浜に見られるヒルガオ科多年草イラスト)。茎は地面をはい,各節から根を出す。葉は互生し,広楕円形から円形で,長さ3~6cm,先は2裂し,名前のように軍配形になる。花は腋生(えきせい)する花序に数花つき,花冠は漏斗形で,直径3~5cm,桃紫色,時に白色で,熱帯では周年咲き続ける。果実は卵円形で,種子は海水に浮き,長距離分散をする。日本の東北南部海岸でも,流れ着いた種子が発芽することはあるが,冬には枯れてしまい定着はしない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グンバイヒルガオ
ぐんばいひるがお / 軍配昼顔
[学]pomoea pes-caprae (L.) Sweet

ヒルガオ科の多年草。茎は砂上を長くはって分枝し群生する。葉は広楕円(こうだえん)形で質は厚く光沢があり、先はへこんで軍配団扇(うちわ)に似る。8~9月、葉腋(ようえき)に葉より長い花柄を伸ばし、集散状に1~3個の花を開く。花冠は紅紫色で漏斗(ろうと)状である。
 海岸の砂地に生え、小笠原(おがさわら)、四国、九州南部および亜熱帯から熱帯に広く分布する。関東地方以西の本州にも海流にのって、漂着し発芽するが、繁殖には至っていない。[高橋秀男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グンバイヒルガオの関連キーワード太東崎フズリナマングローブ海浜植物ノーマルヒル浜昼顔一ツ葉海岸ベチチ

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

グンバイヒルガオの関連情報