コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケイ素樹脂(珪素樹脂) けいそじゅし silicone resin

1件 の用語解説(ケイ素樹脂(珪素樹脂)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

けいそじゅし【ケイ素樹脂(珪素樹脂) silicone resin】

有機ケイ素重合物。シリコーンともいう。化学式に示したR,R′あるいは重合度nを変えることによって,油状(シリコーン油),ゴム状(シリコーンゴム),樹脂状(狭義のケイ素樹脂シリコーン樹脂)と多様に変化する。なお中心元素であるケイ素はシリコンsiliconと表現される。 ケイ素樹脂は主鎖に炭素を含まず,ケイ素‐酸素結合(シロキサン結合)から成り立っているのが特徴であり,一般に分子鎖は柔軟で,かつ耐熱性が比較的高い(最高250℃)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ケイ素樹脂(珪素樹脂)の関連キーワードケイ素重合シリコーンシリコーンゴムシリコーン樹脂四塩化珪素シリコーン油シリコーンオイル有機溶媒多糖

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone