コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

合成樹脂塗料 ごうせいじゅしとりょう synthetic resin paint

5件 の用語解説(合成樹脂塗料の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

合成樹脂塗料
ごうせいじゅしとりょう
synthetic resin paint

合成樹脂を主成分とした塗料。フェノール,尿素,メラミン,アルキド,ビニルアクリルなどの樹脂が用いられる。これらの樹脂をアルコールベンゼンなど有機溶剤に溶かしてつくる。乾燥が早く,塗膜は日光や風雨によく耐え,酸,アルカリなどの薬品にも侵されることが少く,すぐれた性質をもつため,工業用,家庭用に広く用いられている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

合成樹脂塗料【ごうせいじゅしとりょう】

塗膜形成要素としてフェノール樹脂尿素樹脂メラミン樹脂ビニル樹脂ケイ素樹脂等の合成樹脂を用いた塗料。乾燥形式から溶剤蒸発型,酸化重合型,加熱縮合硬化型に分けられ,ワニスエナメルペイント,水に分散したエマルジョン塗料水性塗料),可塑剤に分散したプラスチゾルなどの状態で広く用いられる。
→関連項目ラッカー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

リフォーム用語集の解説

合成樹脂塗料

合成樹脂に溶剤または乾性油を加え加熱し、さらに溶剤を加えた塗料のことを言う。合成樹脂塗料のタイプは、溶剤を加えない「無溶剤型」、溶剤を加えた「溶剤型」、乳液状の「エマルション型」などがある。合成樹脂塗料は、「エポキシ樹脂」、「アルキド樹脂」、「塩化ビニール樹脂」、「アクリル樹脂」、「酢酸ビニール樹脂」、「フェノール樹脂」など、様々なものが用いられる。

出典|リフォーム ホームプロ
Copyright(c) 2001-2014 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

合成樹脂塗料

 合成樹脂の小胞に顔料などを分散させた塗料.塗ると,塗られたものの表面に合成樹脂の膜が形成される.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

合成樹脂塗料
ごうせいじゅしとりょう
synthetic coating material

プラスチックのうちで不飽和ポリエステル、アルキド樹脂、ポリ酢酸ビニルポリ塩化ビニル、エポキシ樹脂、ウレタン樹脂、アミノ樹脂などを塗膜形成成分(展色料(てんしきりょう))とした塗料で、それぞれの樹脂の名称に塗料という名をつけて市販されている。分子量はあまり大きくはない。
 この塗料の一般的な製造法は、有機溶媒中またエマルジョン塗料では乳化系で合成樹脂を製造し、それらに必要に応じて添加物を加える透明塗料の製造を除けば、一般には顔料とプラスチックからつくった展色料とをよく分散させてつくる。以前は練りロールやボールミルを使用したが、現在では効率のよいスピードラインミルやサンドグラインドミルが多用されている。
 新しい合成樹脂塗料として粉体塗料がある。エポキシ樹脂、アクリル樹脂、ポリエステル樹脂などの固形樹脂に硬化剤、顔料、添加剤を混合し、さらに冷却粉砕して粉体塗料としている。これは公害対策塗料で、塗料粒子を負に帯電させ、正荷電の被塗装体に静電気吸引力で付着させて、樹脂の溶融点以上の温度で溶融して焼き付ける静電粉体塗装と、塗料の微粉末を渦巻状に浮遊させ、その中に加熱した金属被塗装体を差し込んで、金属の上に焼き付ける渦動(かどう)粉体塗装がある。[垣内 弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の合成樹脂塗料の言及

【塗料】より


[塗料製造工程]
 塗料製造工程は,(1)展色剤を合成する工程,(2)顔料を展色剤中に分散する工程,(3)添加剤,後添加展色剤,粘度調整溶剤などを混合,かくはん(攪拌)する工程に大別される。
[合成樹脂塗料]
 合成樹脂塗料名を表4に示したが,塗料の性質は主として使用される樹脂により決定される。現在知られている樹脂は塗料用に種々変性されて使われるので,樹脂名を冠した塗料の名称がつけられている。…

※「合成樹脂塗料」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

合成樹脂塗料の関連キーワード油絵合成樹脂工業熱硬化性樹脂プラスチック油ワニス半乾性油油性塗料ファッジ親水性樹脂グリプタル樹脂

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone