ケオラデオ国立公園(読み)ケオラデオこくりつこうえん(英語表記)Keoladeo National Park

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケオラデオ国立公園
ケオラデオこくりつこうえん
Keoladeo National Park

インド北部,ラージャスターン州にある沼沢地を中心にした国立公園。面積約 29km2。 1981年指定。乾季と雨季とが明瞭なこの地方の渇水と洪水対策として,19世紀半ばに水門や水路を整備したのが始まり。それ以降多くの水鳥が飛来するようになったが,当初はこの地を治めていた藩王の狩猟場となっていた。インド独立とともにこの狩猟場も国家に没収され,1956年にはケオラデオ・ガナ鳥類保護区に指定された。しかし,1964年に完全な禁漁区となるまで狩猟は続けられた。その後,保護が進んで水鳥の生息地として世界でも有数の場所となり,ラムサール条約の特別保護地域にも指定されている。約 350種類の鳥類のほか,大型のシカ,スイロク (サンバー) やマングースジャコウネコなどの哺乳類も生息する。 1985年世界遺産の自然遺産に登録。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ケオラデオ‐こくりつこうえん〔‐コクリツコウヱン〕【ケオラデオ国立公園】

Keoladeo National Park》インド北西部、ラジャスタン州にある国立公園。18世紀につくられた渇水・治水対策用の沼沢地に起源する。面積29平方キロメートル。ソデグロヅル、コウノトリ、アカツクシガモをはじめ、多くの水鳥の飛来地として知られる。1981年にラムサール条約登録湿地、1982年に国立公園となった。1985年に世界遺産(自然遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界遺産詳解の解説

ケオラデオこくりつこうえん【ケオラデオ国立公園】

1985年に登録された世界遺産(自然遺産)で、インドのラジャスタン州東部に位置する。数万羽の野鳥が生息する野鳥の楽園で、種類は約350種。シベリア、アフガニスタン、中国などからの渡り鳥をはじめ、水鳥も多数生息する。また、絶滅危惧種とされるソデグロヅルなどの休息地としても知られる。このような、多種の野鳥の自然生息地であり、その環境を保全する目的で世界遺産に登録された。◇英名はKeoladeo National Park

出典 講談社世界遺産詳解について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android