ケネディ(読み)けねでぃ(英語表記)John Fitzgerald Kennedy

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ケネディ(John Fitzgerald Kennedy)
けねでぃ
John Fitzgerald Kennedy
(1917―1963)

アメリカ合衆国の第35代大統領(在任1961~1963)。JFKと略称する。5月29日ボストン郊外のブルックリンに生まれる。父ジョゼフはアイルランド系移民の3代目で、銀行、映画産業などで成功し、F・D・ルーズベルト政権下では駐英大使を務めた。母ローズはボストン市長フィッツジェラルドの娘。9人の兄弟姉妹のうち次男で、名門チョート校を経てハーバード大学で政治学を学ぶ。父の任務に随行して第二次世界大戦前夜のヨーロッパを視察、卒業論文『イギリスはなぜ眠っていたか』にまとめ、ベストセラーとなる。日本との開戦後、海軍に志願、ソロモン沖海戦で、指揮していた魚雷艇が駆逐艦天霧(あまぎり)に撃沈された際、重傷の部下を守って泳ぎ抜き英雄となった。戦後、通信社記者を経て1946年マサチューセッツ州第11区から下院議員に当選(同期にニクソン大統領がいる)、1952年には現職のロッジを破って同州から上院議員に選出された。翌1953年ジャクリーン・ブービエと結婚(子供はキャロラインとジョン2世の2人)。戦争で負傷した背骨の悪化で入院、危機を脱したあと、療養中に『勇気ある人々』を著し1957年度のピュリッツァー賞を獲得した。1956年の民主党大会で副大統領候補をねらって敗れたが、1958年上院に再選され、1960年の大統領選挙で民主党候補指名をかちとった。アイゼンハワー時代の沈滞を破る清新な候補として「ニュー・フロンティア」のスローガンを掲げ、共和党候補ニクソン副大統領とのテレビ討論で優位にたち、激戦のすえわずかの差で勝利を収めた。カトリック教徒として最初の大統領であり、当選した大統領ではアメリカ史上最年少である(43歳)。1961年1月の就任演説ではアメリカの前進を訴え、国民に国家への献身を呼びかけた。
 雄弁と才気に恵まれ、記者会見などにテレビを巧みに用いてイメージ豊かな政治を行い、スタッフには、ハーバード大学はじめ各界から「ベスト・アンド・ブライテスト」と総称される多くの知識人を集めたが、スローガンの華々しさに比べて議会との関係は円滑を欠き、内政にはみるべき業績はない。外交面では、就任早々キューバ侵攻を試みて失敗し、ウィーンの巨頭会談でソ連のフルシチョフ首相にあしらわれるなど、厳しいスタートであったが、「平和部隊」を創設し国民の奉仕精神と開発途上国への援助を結び付けたことは賞賛された。1962年10月のキューバ・ミサイル危機では、核戦争の危険を賭(と)し海上封鎖でフルシチョフと対決、キューバ不侵略の公約と引き換えにミサイルと爆撃機の撤去をかちとった。「核戦争の淵(ふち)をのぞき込んだ」この経験から、1963年6月、アメリカン大学の卒業演説で「平和への戦略」を呼びかけ、7月には米英ソ3国間の部分的核実験禁止条約の成立をみた。だが、人種問題の前進、中国との国交回復などの懸案を抱えたまま1963年11月22日テキサス州ダラスで暗殺者の凶弾に倒れた。わずか1000日の任期であった。[袖井林二郎]
『ジェームズ・M・バーンズ著、下島連訳『ジョン・ケネディ――その生いたちと政治的横顔』(1961・日本外政学会) ▽アーサー・M・シュレジンガー著、中屋健一訳『ケネディ――栄光と苦悩の一千日』(1966・河出書房) ▽ディビッド・ハルバースタム著、浅野輔訳『ベスト&ブライテスト』全3巻(1976・サイマル出版会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ケネディの関連情報