コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケルスス Celsus, Aulus Cornelius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケルスス
Celsus, Aulus Cornelius

1世紀頃のローマの著述家。セルサスともいう。『大百科全書』を著わし,そのうちの『医学について』 De Medicinaだけが残存している。ヒポクラテス全集と並び称され,ことに,ほとんど亡失したアレクサンドリアの医学およびギリシアの外科学の面影を伝えるものとして,貴重である。この本は中世には無視されていたが,教皇ニコラウス5世によって発見され,ルネサンス以後再評価された。 1478年にフィレンツェ版が刊行されて以来,ルネサンス期にヨーロッパで最もよく読まれた医書の一つとなった。8巻あり,直腸から指を入れて膀胱結石を破砕する方法が記載されており,いまもケルスス手術と呼ばれるほか,外科,皮膚科にもいくつか名を残している。医師事務論に1章をさき,「医術は予測術 ars conjecturalisで,ときにははずれる」などの格言を残している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ケルスス【Aulus Cornelius Celsus】

ローマの著作家生没年不詳,ティベリウス帝の治下(後14‐37)に活動。学問全般を網羅する大規模な百科全書を著したとされるが,〈ヒッポクラテスは医学を哲学から分離した〉という名言を序説に掲げた《医術について》と題する作品しか伝存しない。これは古代ギリシアのヒッポクラテス医学派,アレクサンドリアの医学派などのすぐれた著作を踏まえて,生理・病理・薬剤・外科手術など,さらには養生法に至るまで,医学全般を全8巻の中に明確・適切に解説したもので,ガレノスの膨大な著作とともに,医学史研究にとって不可欠の史料である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のケルススの言及

【炎症】より

…つまり炎症とは〈炎のように燃えている病気〉,すなわち〈熱を伴う疾病〉ということであった。ローマ時代になると炎症の概念は具体的となり,A.C.ケルスス(紀元1世紀ころ)は,発赤rubor,はれtumor,熱calor,痛みdolorからなる,炎症の四つの特徴を記載した。“できもの”をみれば,この四つの主徴は容易に理解されよう。…

【手術】より

…中世までの間ローマ医学は多くの優れた外科医を輩出した。〈赤く,はれて,熱くて,痛む〉という炎症の四徴候を提示したケルススは専門の医師ではなかったが,優れた外科医でもあったガレノスは,絹糸や腸線による結紮(けつさつ),肋骨切除による心臓露出,膿胸手術などを行い,一方,創傷治癒に関する見解などを明らかにしている。ガレノスはヒッポクラテス以後の医学をしめくくり,一つの新しい壮大な医学体系をうちたてた2世紀の大学者であるが,彼は,理論的整合性を追うあまり,観察や実験によって得られない空白の部分を種々の概念と堅固な理論で補い築き上げたために,彼の折衷的でもある医学体系の中にいくつもの誤りが入り込んでしまっている。…

※「ケルスス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ケルススの関連キーワードグラウバー(Johann Rudolph Glauber)ベッヒャー(Johann Joachim Becher)ケルスス(Aulus Cornelius Celsus)頭部浅在性白癬(しらくも)W.E. ポイカートホメオパシーの原理アーケシュフース城ファン・ヘルモントコルベンハイアーイブン・シーナーコルベンハイヤーフロギストン説ホーエンハイムドイツ神秘主義同種療法の法則ホムンクルスクーンラートウンディーネトリスモジンパラケルスス

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android