コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケルスス ケルススCelsus, Aulus Cornelius

2件 の用語解説(ケルススの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケルスス
ケルスス
Celsus, Aulus Cornelius

1世紀頃のローマの著述家。セルサスともいう。『大百科全書』を著わし,そのうちの『医学について』 De Medicinaだけが残存している。ヒポクラテス全集と並び称され,ことに,ほとんど亡失したアレクサンドリアの医学およびギリシアの外科学の面影を伝えるものとして,貴重である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ケルスス【Aulus Cornelius Celsus】

ローマの著作家。生没年不詳,ティベリウス帝の治下(後14‐37)に活動。学問全般を網羅する大規模な百科全書を著したとされるが,〈ヒッポクラテスは医学を哲学から分離した〉という名言を序説に掲げた《医術について》と題する作品しか伝存しない。これは古代ギリシアのヒッポクラテス医学派,アレクサンドリアの医学派などのすぐれた著作を踏まえて,生理・病理・薬剤・外科手術など,さらには養生法に至るまで,医学全般を全8巻の中に明確・適切に解説したもので,ガレノスの膨大な著作とともに,医学史研究にとって不可欠の史料である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のケルススの言及

【炎症】より

…つまり炎症とは〈炎のように燃えている病気〉,すなわち〈熱を伴う疾病〉ということであった。ローマ時代になると炎症の概念は具体的となり,A.C.ケルスス(紀元1世紀ころ)は,発赤rubor,はれtumor,熱calor,痛みdolorからなる,炎症の四つの特徴を記載した。“できもの”をみれば,この四つの主徴は容易に理解されよう。…

【手術】より

…中世までの間ローマ医学は多くの優れた外科医を輩出した。〈赤く,はれて,熱くて,痛む〉という炎症の四徴候を提示したケルススは専門の医師ではなかったが,優れた外科医でもあったガレノスは,絹糸や腸線による結紮(けつさつ),肋骨切除による心臓露出,膿胸手術などを行い,一方,創傷治癒に関する見解などを明らかにしている。ガレノスはヒッポクラテス以後の医学をしめくくり,一つの新しい壮大な医学体系をうちたてた2世紀の大学者であるが,彼は,理論的整合性を追うあまり,観察や実験によって得られない空白の部分を種々の概念と堅固な理論で補い築き上げたために,彼の折衷的でもある医学体系の中にいくつもの誤りが入り込んでしまっている。…

※「ケルスス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ケルススの関連情報