ケープ(南アフリカ共和国)(読み)けーぷ(英語表記)Cape

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ケープ(南アフリカ共和国)
けーぷ
Cape

南アフリカ共和国南部の旧州名。南アフリカ連邦結成(1910)以前はイギリス領ケープ植民地。1993年末の暫定憲法の成立により、従来の4州は9州に再編され、ケープ州は北ケープ州、西ケープ州、東ケープ州の3州と北西州の西部地域に4分割された。アフリカ大陸最南西端部に位置し、ケープ半島の突端部には喜望峰がある。面積66万0770平方キロメートル、人口1094万4500(1995)。人口の人種別構成は白人138万、カラード混血)296万、インド人5万3300、黒人655万となっている。州都ケープ・タウン(3分割された1993年以降は西ケープ州の州都である)。

 地勢は大別して四つに分かれ、海岸部の幅16キロメートル以内のサンドベルト地帯、内陸はランゲベルグ山脈、スワルトベルグ山脈を境としてその南側がリトル・カルー、北側がグレート・カルーとよばれる乾燥した内陸高地となっている。さらにオレンジ川北側のフライブルグおよびクールマン地域はカラハリ砂漠に続く乾燥地帯である。河川は、北の国境をなすモロポ川、オレンジ川が東から西に流れて大西洋に注ぐほかは、ほとんど内陸高地からインド洋に向かい、西からブレード川、ゴーリッツ川、フロート・ガムツー川、サンズ川、グレート・フィッシュ川、グレート・ケイ川、ウムチムクル川などがある。海岸部、とくに南西部(ケープ・タウン付近)は冬期(4~9月)に雨が多く農業に適するが、内陸部は降雨が少ないため牧羊が盛んである。主要農産物はトウモロコシ、小麦、柑橘(かんきつ)類、ブドウ、タバコなどである。鉱産資源では自由州(旧オレンジ自由国州)に接するグリクァランド・ウェストキンバリーを産地とするダイヤモンドが知られ、ほかに銅、マンガンアスベスト、鉄鉱石を産する。旧ケープ州は炭田が少ないため工業化は遅れ、農産物加工を中心とする軽工業が発達したにすぎないが、ケープ・タウン、ポート・エリザベスイースト・ロンドンは港湾都市として重要である。

 1652年オランダ東インド会社のヤン・ファン・リーベックが東洋航路への寄港地として入植し、東インド会社の支配時代が続いた。この時代に、オランダ人と先住民コイ、マレー系奴隷との混血が進み、いわゆるカラードが形成された。1795年と1806年にイギリスがケープを占領、1814年正式にイギリス領ケープ植民地とし、以後イギリスからの入植者が増加した。入植者の増加とともに白人は土地を求めて内陸東側に侵攻した。一方、イギリスの支配を嫌ったオランダ人(ブーア人)たちは1835年内陸に移動し、トランスバール共和国とオレンジ自由国を建国した。19世紀後半オレンジ自由国のキンバリーでダイヤモンドの富鉱が発見されると、イギリスはただちに割譲を要求した。さらにトランスバール共和国のウィトワーテルスランドでの金鉱発見を契機に、イギリスがその割譲を要求したため第二次ブーア戦争(1899~1902)を引き起こした。戦後1910年ナタール植民地を加えて南アフリカ連邦が結成され、ケープはその一州となった。

[林 晃史]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android