コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゲッケイジュ(月桂樹) ゲッケイジュLaurus nobilis; laurel; noble laurel; victoris laurel

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゲッケイジュ(月桂樹)
ゲッケイジュ
Laurus nobilis; laurel; noble laurel; victoris laurel

クスノキ科の常緑高木。南ヨーロッパ原産で,日本には明治年間に渡来して各地に植えられている。高さ 12mに及ぶ。は互生し,長楕円形で硬く,深緑色,小枝は緑色である。雌雄異株。春に黄色の小花を生じ,10月頃,楕円形の紫色の果実をつける。葉は精油を含み,乾燥して香料,料理用とする。この枝でつくった輪を戦勝オリンピック競技の名誉の表象とするならわしがある。平和の象徴であるオリーブとまちがいやすいが,オリーブは葉が細く対生である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ゲッケイジュ(月桂樹)【ゲッケイジュ】

ローレルとも。南欧原産のクスノキ科の常緑中高木。明治中期に渡来した。枝や葉には芳香がある。葉は長楕円形,なめらかで革質をなす。雌雄異株。4月,葉腋に小さな黄色花を密につける。
→関連項目オールスパイス桂冠詩人ベイリーフ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ゲッケイジュ【ゲッケイジュ(月桂樹) victor’s laurel】

クスノキ科の常緑樹で雌雄異株(イラスト)。ローレルともいう。日本では雌株は比較的少ない。高さ約12m。葉は長楕円形で,長さ約8cm,深緑色,革質で,傷をつけると特有の佳香を放つ。花期は春,葉腋(ようえき)に黄色の小さい花をつけ,芳香がある。花被は4深裂し,裂片は倒卵形おしべは8~14本,普通12本。雌花の花柱はやや短く,柱頭はやや頭状。大豆粒ほどの実は,10月ころ黒紫色に熟して落ちる。葉をベイリーフbay leafという。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のゲッケイジュ(月桂樹)の言及

【桂冠詩人】より

…本来は詩作における勝利者のしるしとしての,ゲッケイジュの冠を戴いた詩人の意。ギリシア・ローマ時代には詩作も体育競技とならんで公開の競技である場合が多く,その勝利者には詩神アポロンにゆかりのゲッケイジュの枝を編んだ冠が授けられた。…

【ダフネ】より

…ギリシア神話の美しいニンフ。その名は〈月桂樹〉の意。テッサリア地方の河神ペネイオスPēneiosの娘。彼女を恋したアポロンに追われて,まさにその手中に落ちんとしたとき,父神に助けを求め,月桂樹に姿を変えられた。以後,この木はアポロンの聖木となり,月桂冠が勝利者の頭を飾ることになったという。ラテン詩人オウィディウスの《転身物語》で有名なこの話は,ジョルジョーネ,プッサンらの筆になる多くの名画を生んでいる。…

【トロフィー】より

…広義には,スポーツ競技や各種のコンテストなどで入賞をたたえて授与される記念の飾りものをいうが,狭義には,カップや旗,楯などと区別して,主としてスポーツの種別やコンテストの内容を表す彫像を一部に取り付けた柱状で金属製の記念品を指す。彫像に直接台座を付けたものとか,カップに彫像をのせたもの,あるいは彫像がなくスポーツの種別などを表示するなんらかの用具だけでデザインされているものなど種類は多い。たいていは,金・銀のめっきやアルミ箔の蒸着で金色か銀色に豪華に装われ,台座には,入賞を記録した文字が刻印されるプレートが付いている。…

※「ゲッケイジュ(月桂樹)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ゲッケイジュ(月桂樹)の関連キーワード食物

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android